スポンサードリンク

勤続年数が増え、給与も大きくなっていくことが考えられる今後の未来において、額が増えれば増える程、ネックになるのが税金です。今回はそんな税金を節税することが出来る楽天証券のiDeCo(確定拠出年金)の特徴と気になる投資信託ファンドについて紹介します。

 

楽天証券

 

楽天証券のiDeCoとは?

 

iDeCoとは、定年までに着実にお金を貯めることができる資産運用ができるものになります。他の金融商品と違って、大きなリターンを得ることはできませんが、節税によって、大事なお金を貯めることができるのが特徴です。

 

つまり、iDeCoに積立た資金は、どんなにつぎ込む資金が大きくても、税金の対象にならないのが大きなメリットです。

 

そして、iDeCoは元本確保型のため、一度積み立てたお金は減ることがありません。

 

もし、あなたが5,000円の掛け金にするのであれば、年間で6万円。定年まであと10年であれば60万円。残り20年であれば120万円が戻ってくることになります。そして、これらの大きな金額が税金の対象にならないのがiDeCoの大きな特徴になります。

 

楽天証券のiDeCoの手数料は?

 

毎月の積立によって、老後の蓄えができるiDeCo。気になるのは、掛け金以外で発生する手数料になります。

 

iDeCoの場合、この手数料も少額なところも魅力です。初回こそは2,777円かかってしまいますが、翌月以降は、167円の手数料で済むようになっているのが楽天証券の特徴です。

 

この手数料は、毎月支払う掛け金から引かれることで支払われるようになっています。そして、掛け金が引き落とされる銀行口座は、楽天証券ではない信託銀行やゆうちょ銀行でも可能となっています。

 

あえて、楽天証券の口座を開設するメリットは、Web上で掛け金などの照会が気軽におこなえるようになるという点です。

 

毎月、淡々と掛け金を支払って行くだけのiDeCoだけあって、楽天証券の口座開設しなくても良いのもメリットかもしれません。

 

楽天証券のおすすめファンドはどれなの?

 

楽天証券では、iDeCoの中でも安心してお金を預けることができる定期預金以外の投資信託もおすすめできます。

 

投資信託をおすすめできる理由は2つです。1つは信託報酬が安いところ。そして、2つ目がバランスファウンドを選べるという点です。

 

通常、投資信託というのは1本が駄目になってしまったことのことを考えて、複数のファンドで資金を分配して、運用することが基本とも言えます。これをポートフォリオ(分散投資)と呼んだりしますが、バランスファウンドであれば1本だけの運用でもリスクを許容できるメリットがあります。

 

景気などに左右されながら目紛しく上下する基準価格。この上下の揺れ幅が落ち着いているのがバランスファウンドということになります。


スポンサードリンク

 

具体的には、「グローバルバランス・ファンド」や「ETFバランスファンド」が挙げられたりします。投資信託の中でも、比較的落ち着いた投資をしたい人におすすめなファンドがバランス型ということになります。

 

ws642

 

iDeCoは、他の銀行との併用ができません。どの会社も基本的なものに関しては、変わりありませんが役職ごとの掛け金に違いが見られます。皆さんにあった、資産運用を行うようにしましょう。

 

楽天証券

https://dc.rakuten-sec.co.jp

 

お問い合わせ

0120-545-401

コメントを書く







コメント内容


商品一覧