スポンサードリンク

 

かつてより気になっていた投資信託。調べてみると数々の聞き慣れない名前やファンド名がごちゃごちゃ出てきて実際にどのようにすればいいのかわからない。

今回はそんな、あなたに紹介したい投資信託に関する知識や注意点を投資信託のお申し込みをすることができる丸三証券を例に紹介していきたいと思います。

240_F_127542045_GITn5HeAZsR1Z1NhPI0TOMoYIr1rsg0y

丸三証券の魅力

 

丸三証券は、口座開設によって資金を投入する際に発生してしまいがちな手数料が2ヶ月間無料であったり、郵貯銀行からの出金や入金手続きも踏むことができる点から、より身近で使いやすい口座として持つことができる魅力があると言えます。

 

そんな、丸三証券では株式をメインに取引ができるマルサントレードと呼ばれるものが今話題を集めており、これらの手順ややり方を教わる事ができる金融教育の面でも一助するのも丸三証券です。

 

金融教育というのは、あまり日本には馴染みがなく、義務教育の過程でお金に関する勉強が存在しなかったかと思います。そんな、金融にあまり詳しくない人でも学べる魅力が伝わるのが丸三証券と言えます。

 

丸三証券の投資信託 気になる仕組み

 

前から気になっていた投資信託とは何だろう?そう思う方も少なくないかもしれません。ここではそんな投資信託の仕組みについて少し紹介しておきたいと思います。

 

投資信託とは、一言でいえば我々、投資家達(顧客)の資金をプロの運用家がまとまった資金として、資産運用を行うサービス及び金融商品になります。

 

つまり、資産運用のプロフェッショナルにお金を預け、資金括りをしてもらい、そこから預けた金額に応じて大きなお金として戻ってくる仕組みが投資信託と言えます。

 

しかし、1つ注意して頂きたいのが、この投資信託においても預けた資金額に対して下回る額で戻ってくる場合もあるということです。つまり、投資信託とは元本保証のない金融商品と理解しておく必要があるでしょう。

 

丸三証券 投資信託のメリットと注意点

 

投資信託で資産運用のプロフェッショナルにお金を預ける際に、選ばなければならない外貨や債券、株式といったファンド商品。

 

ここで選ぶ上で決め手となるポイント及び参考資料としておすすめしたいのは基準価額の推移グラフです。

 

商品にはそれぞれ、やはり個性というものは存在しますがお金を預けてリターンをもらうという結果論には変わりありませんので、最初の内はこの運用実績の良い商品(ファンド)を基準に選ぶことをおすすめします。

 

そして、投資信託は一見、大きな元手を必要とする金融商品だと思い込んでしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、丸三証券ではわずか1万円からの資金で運用してもらえるようになっているのが魅力です。

 

しかし、投資信託においては、購入時においてと維持費として手数料がかかることも忘れてはなりません。


スポンサードリンク

 

また、税金もかかります。もし、あなたが丸三証券のような日本の証券会社を通じてプロの運用家に大切な資金を預けるならリターンに対して概ね税率20%が適用されることも知っておく必要があります。

 

仮に100万円のリターンなら、20万円を税務署に申請することになると言えます。

 

もし、あなたが自分で運用することを可能とした株式や外国為替(FX)で上手くいかれていない場合は一度、多くの人の資産と信頼を集めるプロの資産運用家に任せた方が得策かもしれません!

 

 

以上で丸三証券を例に投資信託の魅力や注意点について紹介させていただきました。あなたも将来に備えて未来ある運用を任せられる、プロの運用家の元で実際に利回りをお考えになってみてはいかがでしょうか?

 

ws641

 

丸三証券

http://www.03trade.com

 

丸三証券 投資信託に関するお問い合わせ

0120-03-4803

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧