スポンサードリンク

 

sfdjsg

 

 

NTTは通信関連サービスの分野においていちばん総合力があるので、一般家庭で固定電話・光ブロードバンド・スマホなどを利用する場合はNTTをはじめドコモやNTTコミュニケーションズなどのNTTグループに集約しておくのが便利ですね。

 

ひとり暮らしで通信機器はスマホ1台なんて人の場合は他のキャリアや格安SIMを使ったほうが安くなる場合もあるのでそれでもいいかも知れませんが、固定電話を利用するなら通信品質の安定性の面からもNTTを利用したいですね。

 

1.家庭でインターネットを利用するならフレッツ光が高速で便利

NTTの光ブロードバンドサービスで中心となるプランが、データ使い放題の定額制フレッツ光ネクスト・スマートタイプです。

 

通信速度は最大1Gbps程度。利用料金は集合住宅向けのギガマンションプランで通常3,350円が、最大400円割り引かれて2,950円になります。

 

割引内容はギガ推し!割引(30ヵ月間割引)で200円、 にねん割(2年単位契約)で100円、マンスリーポイントで100円、それぞれ割り引かれます。

 

マンスリーポイントは2年目200円・3年目以降300円となるので長く使うのがお得です。

 

戸建住宅向けのギガファミリープランは通常5,700円ですが、最大1,100円割り引かれて4,600円です。

 

kanren1

 

2.インターネットをお得で便利にする付帯サービスも充実

インターネットを利用するにはプロバーダーとの提携が必要ですが、NTTの場合は@Nifty・BBexcite・So-netなど人気の高いプロパイダー10社から選べます。

 

eb申し込み特典として14ヵ月無料などのサービスがあるのでプロバイダー料金も含めたトータルな料金はかなりリーズナブル。

ただし、平成28年5月31日までの新規申し込み特典です。

 

kanren2

 

またホームゲートウェイもレンタルがあり、有線LANは1000BASE-T / 100BASE-TX、無線LANは最新Wi‐Fi規格のIEEE802.11ac対応の機種もあるので、動画の視聴も余裕の高速通信です。

 

3.固定電話はひかり電話がお得で使いやすい

フレッツ光ネクスト・スマートタイプを契約している場合は月額基本料500円でひかり電話が利用できます。

ひかり電話から固定電話へかけた場合は全国一律どこへかけても8円/3分なので、県内市外で最大80%。県外だと最大90%OFF。

 

遠くへ電話をかけることの多い家庭では通信料金の節約がかなり期待できます。

ケータイ宛の電話も、ドコモ・au・ソフトバンクすべてへの料金が安くなっています。

 

kanren3

 

4.その他のオプションサービスが便利

月額200円の利用料金でフレッツ・スポットが利用できます。

フレッツ・スポットは国内約8万ヶ所のファーストフードや駅などで高速ブロードバンドが使える公衆無線LANサービス。

通信速度は最大54Mbpsまたは200Mbpsの高速通信、データ使用量無制限なので気軽に使えます。

面倒なWi‐Fi設定も図解や動画の説明があるのでわかりやすいです。

 

kanren4

 

映像サービスも豊富。

 

フレッツ・テレビ、Hulu、U-NEXT、TSUTAYA TVなどから選べます。

 

 

ws606

 

 

NTT公式ホームページ

http://www.ntt.co.jp/

商品一覧

商品詳細