スポンサードリンク

 

夫婦でスペイン・ポルトガル・イタリアに旅行に行きました。

今回はその中からサグラダ・ファミリアについてです。

 

サグラダ・ファミリアはアントニ・ガウディの未完成の作品として有名です。

スペインのバルセルロナのシンボルで2005年にはユネスコ世界遺産に登録されました。

サグラダ・ファミリアへは地下鉄2号線または地下鉄5号線で行きました。

サグラダ・ファミリアという駅があるのですごくわかりやすいです。

地下鉄の駅を出たらもう目の前に高い建物が見えるので迷うことはありません。

 

サグラダ・ファミリアの全体写真です。

 

1

 

まず入り口で入場券とエレベーターのチケットを購入しました。

エレベーターのチケットはネットで予約もできるのですが、せっかくなので晴れていいお天気の日にのぼりたかったため現地で当日買うことにしました。

ハイシーズンはとても混むらしいのですが僕たちが行ったのが2月のオフシーズンだったため当日でも全然大丈夫でした。

 

エレベーターは雨の日や強風の日は休止するので要注意です。

 

エレベーターで上にあがると建物を間近で見ることができます。

 

建築には全然詳しくないので純粋にすごいなあという感想ですが、詳しい方が行かれたらもっと感動するんだろうと思います。

 

上からのバルセロナの景色もきれいでした。

 

2

 

次は教会の内部です。ステンドグラスが入っているところと入っていないところがあり、本当にまだ作っている途中なんだということを実感しました。

 

3

 

ステンドグラスから太陽の光が入ってとてもきれいでした。

 

4

 

世界遺産に登録される前までは完成予定は未定でしたが、世界遺産に登録されてからは工事が進み方が早まり現在の完成予定はガウディの没後100年にあたる2026年だそうです。

 

完成したらもう一度行きたいと思わせる建物でした。

商品一覧

商品詳細