スポンサードリンク

 

北海道は札幌から電車に乗り余市蒸留所に観光に行って来ました。

私は大のシングルモルトマニアで、余市蒸留所はずっと以前から行きたかった観光地だったので少々興奮気味に電車に乗りました。

海沿いを駆け抜けいよいよ余市駅へ到着。

 

駅を出ると正面に余市蒸留所が!

 

北海道 093

 

まず受付に行き、蒸留所を案内してもらうコースを選びました。

 

蒸留所見学は案内係に案内してもらうコースと、自分で好きに構内を見てまわるコースがあるのです。

 

もし初めて余市蒸留所に行くのなら案内を付けてもらい。

 

ポットスチルを始め機材やウイスキーの造り方の説明、また余市蒸留所の歴史等を学びながら見学する事をお勧めします。

 

私は余市蒸留所や創業者の竹鶴さんの事は予習していたので、創業当時の社長室や応接室などを見るのも興奮ものでした。

 

北海道 102

 

加えて、樽を貯蔵している蔵も見る事ができます。

 

北海道 104

 

この樽に、この蔵にウイスキーは寝かされ、最終的には私たちのもとに来るのだと考えるとしみじみしました。

 

見学の最後には余市のシングルモルトとブレンデットウイスキーを無料で飲ませてもらえます。

 

しかしマニアにとって嬉しいのは、その後の有料の試飲です。

 

基本的に余市蒸留所でしか販売されていないカスクストレングスのシングルモルトを試飲する事ができるのです。

 

そして購入する事も出来ます。

 

このカスクストレングスとは一つの樽から取られた原酒しか使っていないシングルモルトの事です。

 

これが美味しい!
しかし、お酒が飲めない人にとっては全く関係無い話ですよね。

 

実は、一緒に蒸留所に行った妻はほとんどお酒を飲みません。

 

ウイスキーなんて口もつけない。

 

それでも、お酒の飲めない人が楽しめる理由とは…構内の豊かな自然、整えられた環境にあります。

 

北海道 134

 

爽やか!の一言です。

ニッカウヰスキー余市蒸留所は北海道の余市駅向かいに有ります。

 

是非足を運んで頂きたいお勧め観光地です。

商品一覧

商品詳細