スポンサードリンク

金融の世界で言えば、株式や外国為替。現物で言えば、駐車場が投資対象として挙げられたりもします。しかし、投資と言えば不動産投資を思う人もきっと多いことでしょう。今回は、初めての人でも利用しやすいサービスが特徴的な「東急リバブル」のマンション購入をするメリットと中古マンションを選ぶポイントについて紹介します。

東急リバブル

 

東急リバブルでマンションを購入するメリットとは?

 

投資をするに当たって、物件選びができる不動産会社はいくつか存在しますが、ここでは東急リバブルでマンションを購入するメリットについて2つ紹介します。

 

—空室保証があるー

東急リバブルでは、需要のある新築の分譲マンションなどの投資もできるようになっているため、空室になるリスクは低くなっていますが、3ヶ月間の空室保証が用意されています。

つまり、あなたが購入したマンションの一室に3ヶ月の間、誰も住んでくれなかったとしても賃料分の保証がされるということになりますね。

 

—滞納トラブルも任せることができるー

住んでくれる人がいれば家賃収入を得ることができるマンション投資ですが、住民との付き合い方も大切になってくるのがマンション投資です。

そして、トラブルでよく起るのが家賃の滞納です。しかし、家賃の滞納による住民とのトラブルを避けることができるのも東急リバブルに任せるメリットになります。

 

中古マンションを購入する2つのメリットとは?

 

東急リバブルでは、少ない資金で始めることができる投資用の中古マンションもたくさんあります。ここでは、そんな中古マンションを選ぶメリットについて紹介します。

 

—新築マンションよりも利回りが大きいー

実は、中古マンションは新築のマンションよりも利回りが大きいのが特徴でもあり、メリットでもあります。

つまり、最初の初期費用のみならず、住む人さえいれば新築のマンションよりもリターンが高くなるのも中古マンションを選ぶ魅力になります。しかし、マンションの寿命は約60年となっています。築年数を含めた逆算によって、最終的な収益を見積もっておくことも大切です。

 

—住人から生身の情報を知ることができるー

新築マンションとは違い、既に住んでいる人や住んでいた人達の住み心地やエピソードを聞けるのも中古マンションならではの魅力です。


スポンサードリンク

この人達の意見を参考に、「入居した人がどれだけそのマンションに住んでくれるか?」などの参考資料となりうる情報を知ることができるようになっているため、限りなく緻密なマンション選びを模索することができます。

 

東急リバブルで中古マンションを購入する際の注意点とは?

 

需要のある新築のマンションと比較すると、人が住まなくなってしまった時の家賃収入を得ることができないリスクが考えられる中古マンションの投資。

 

資金の用意とローンさえ組めれば、マンション投資を東急リバブルに任せることができるメリットがありますが、自分の力で確認しておきたいこともあります。

 

例えば、東急リバブル側もマンション投資をしたい人向けに物件を売っていることになりますので、どうしても売れ残ってしまうマンションもあります。そのようなマンションを選ぶとリターンを得ることが難しくなるケースも考えられます。

 

そして、管理体制に欠けていたりすることもあるため、住みたい魅力が半減してしまっている物件であることがあります。

 

つまり、自分自身でも、そのマンションに住みたいと思える物件かどうかの確認をすることが重要です。例えば、マンションの管理状態や近隣の雰囲気などです。投資とは、リスクに対して大きなリターンを得ることが目的です。住みたいと思う人がいなければ、家賃収入を得ることはできません。

 

「広告の色はあせていないか?」「便利なスーパーや交通機関は近くにあるのか?」などの管理状況や地域性もしっかり確認するようにしましょう。

 

 

ws641

富裕層が考える投資だとみなされがちなマンション投資ですが、最近ではサラリーマンの人でも行うことができるようになっています。是非、不動産投資を検討している人は参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

東急リバブル

http://www.livable.co.jp

コメントを書く







コメント内容


商品一覧