スポンサードリンク

クレジット決済を含めた電子マネーサービスが便利になりつつある昨今において、まだまだ現金が必要な時というものも多くあったりします。今回は、そんな現金を引き落とす際に便利な「ミニストップ」のATM利用に向いている金融機関の紹介をします。

ミニストップ

 

ミニストップに設置されてある2つのATMとは?

 

各コンビニエンスストアに設置されてあるATM。ミニストップでは、イオン銀行ATMイーネット銀行ATMの2つが設置されています。

 

どちらも必要なお金の引き落としや振込ができる金融サービスを利用することができるようになっています。

 

ミニストップ内に関しては、イオン銀行の数の方が多く、毎年数を減らしているのがイーネット銀行のATMの方になります。

 

ちなみに「ミニストップ」は、イオン銀行の子会社になります。イーネット銀行のATMに関しては、他のコンビニエンスストアでも設置されていますのでイオン銀行はミニストップ特有のATMということになります。

 

イオン銀行ATMをお得に使える銀行口座とは?

 

コンビニATMの魅力の一つに手軽なサービスとして利用できる出金を挙げることができます。しかし、コンビニのATMということもあり、手数料が重なるのが少しネックですよね。

 

現在のミニストップがシェアを拡大している「イオン銀行ATM」を無料で利用することができる銀行口座が気になるもの。

 

引き出し・預け入れの際に、手数料のかからない主な金融機関は3つです。1つは、名前から分かる通り、イオン銀行の口座を持っている人です。2つ目は、みずほ銀行で3つ目が東京三菱UFJ銀行になります。

 

イオン銀行カードであれば、24時間365日出金する際の手数料はかからないようになっています。

 

そして、東京三菱UFJとみずほ銀行のカードで必要なお金を引き出す際も、平日の昼間の時間帯であれば手数料がかからなくなっています。全国にある「ミニストップ」の各店舗では、イオン銀行ATMの数が増えつつあります。

 

今後のATM数の増加に伴いイオン銀行みずほ銀行東京三菱UFJのいずれかの口座を所持している人がお得に利用することができるのがイオン銀行ATMの特徴になります。

 

イーネットATMで出金するとどうなるの?

 

イオン銀行のATMに対して、イーネットATMは、セブン銀行に次いで全国で2番目に多いATMとなっています。イーネット銀行は、「ミニストップ」のみならず、ファミリーマートやサークルKにも設置されています。

 

しかし、イオン銀行ATMで手数料のかからないイオン銀行、みずほ銀行、東京三菱UFJは、一定の残高と「メインバンク プラス」「みずほマイレージクラブ」に申込する必要があり、手数料が無料となる取引回数も毎回ではありません。

 

これらの理由が、「ミニストップ」がイオン銀行のATMのシェアを伸ばしている理由の一つかもしれませんね。

 

ちなみにイーネットATMは、「ミニストップ」以外のコンビニでも利用できたり、条件付きでありながらも、手数料を無料で利用できる金融機関の数が多いのが特徴的です。

 

ws641

ミニストップに設置されてあるATMからの出金に便利なイオン銀行。そして、平日の昼間であればみずほ銀行と東京三菱UFJもお得に利用することができるイオン銀行のATM。日頃からお世話になることが多い「ミニストップ」をもっと便利に活用してみるといいでしょう。

 

ミニストップ

https://www.ministop.co.jp

 

お問い合わせ

0120-865-132

商品一覧

商品詳細