スポンサードリンク

名刺交換の機会も増え、様々な人達と2回目以降に合う機会も多くなってきた。そのような人は、上手な名刺の管理をしておきたいところですよね。今回は、ビジネスになくてはならない名刺をクラウド上で管理することができるSansanのEightの特徴について紹介していきます。

sansan

 

SansanのEightの使い方とは?

 

気がつけば、名刺の数が50枚。名刺入れに入れて、管理することはできても、探す際に時間がかかってしまったりすることが考えられます。Eightは、カメラで名刺を撮ることによって、文字情報がデータとして保存され、クラウド上で名刺の管理ができるようになります。

 

簡単に言ってしまえば、QRコードの読み取りと同じような感覚で、サーバーに名刺の情報を保存することができます。

 

注意点としては、その名刺の文字情報を読み込むまでに時間がかかるところです。名刺の数にもよりますが、1枚当たり半日以上はかかってしまうことが考えられます。

 

しかし、スキャン後は、読み込まれるまで待つだけとなります。時間は要するも、操作自体はシンプルなものとなっているのがSanasnのEightの特徴です。

 

SansanのEightの良いところ

 

スキャン後における、読み込まれる情報は、名刺の文字のみならず、所属先のURLや電話番号などもリンク化もされるようになっています。つまり、連絡網のような機能もはたすのもEightの特徴です。

 

次回以降で営業などで伺う機会があった際も会社の住所もリンク化されているため、Google Mapで調べて向うこともできるようになるというわけですね。そして、伺う前の事前連絡も可能となります。

 

そして、管理しやすいからこそ、その人の特徴を忘れにくくしてくれる点も大きなメリットとなります。

 

また、既にスキャンした人の肩書きが変わった場合でも更新されるようになっている点に関しても魅力です。例えば、営業部だった人が部長に昇進したりと役職や事業が変わった際もお知らせしてくれる点に関しても特徴的です。

 

仕事で久しぶりにあった際は、「昇進おめでとうございます」というお言葉で始めることができるということですね。

 

Sansan Eightに移行するメリット

 

Eight同士であれば、メッセージ機能を用いて、連絡のやり取りも行う事が出来るようになっています。つまり、SNSとしての活用もできるのがEightの特徴です。

 

プライベートでは、LINE。ビジネスでは、Eightという活用法もできるようになります。

 

そして、あなたの周りの人がEightを使っている人が多ければ多い程、良い使い方ができるようになります。また、名刺の読み込みもEight同士であれば、時間が短縮されるようになります。

 

ws641


スポンサードリンク

 

名刺管理に最適なSansanのEight。パソコン上の書類などの管理もクラウド化が進む現代において、名刺もその波に乗りつつあります。この機会に、シンプルな使い方で魅力のEightで名刺の管理を始めてみてはいかがでしょうか?

 

Sansan Eight

https://8card.net

 

お問い合わせ

0800-100-9933

コメントを書く







コメント内容


商品一覧