スポンサードリンク

I phoneユーザーがまだ少なかったあの頃、Andoroidといえば、Galaxyという記憶がよぎる今日この頃。国産である「Galaxy feel」は、世界のI phoneとはまた違った魅力があります。今回は、「Galaxy feel」の魅力と注意点について紹介します。

ギャラクシー

ギャラクシー(Galaxy feel)の価格はどれくらいなの?

 

「Galaxy feel」と言えば、安さに魅力あるスマートフォンとして選べる特徴があります。気になる端末価格は、36,000円前後になります。これは、「Galaxy feel」の大きな特徴であり、リーズナブルながらに機能的なところが魅力です。

 

しかし、安くて壊れやすいスマートフォンだと、その後のメンテナンスを必要とし、維持費がかかってしまうことが考えられますよね。

 

さらに言えば、ドコモの場合、2年目以降も割引の利くプランとかに入るのであれば、その後の利用も考えたくなりますよね。

 

しかし、2年目以降でも、壊れにくい国産ならではの魅力が「Galaxy feel」には詰まっています。

 

ギャラクシー(Galaxy feel)のバッテリーはどれくらい保つの?

 

「Galaxy feel」のお値段以外の魅力をもう一つ挙げるのであれば、バッテリーです。

 

結構、バッテリーの持ちが悪くて困っている人も多いのではないでしょうか?例えば、残り50%前後を境に、いつの間にか残り10%になっていたり、残り35%残っているのにも関わらず、急に電源が落ちてしまったり。。

 

これらのストレスを抱えることがないのがギャラクシーの特徴と言えます。仕事の日は、行きと帰りの電車。そして、休憩時間程度にしかスマートフォンを操作する機会のない人は5日前後は、バッテリーが持つようになっています。

 

土日に充電し、平日はそのままバックの中へ入れておくことができるということですね。この程度であれば、モバイルバッテリーの持ち運びも不要です。

 

ギャラクシー(Galaxy feel)の注意点とは?

 

「Galaxy feel」の注意点は、通知ランプが点灯しないというところです。

 

しかし、連絡が来る度にスマホートフォンの存在が気になって仕方がない人からすれば、通知ランプが点灯しない方がいいかもしれませんね。

 

LINEの登場によって、マンツーではないクループLINEによって、通知が日常茶飯事で心が落ち着かない。。そのような人におすすめかもしれません。

 

元より通知ランプのない「Galaxy feel」は、プライベートとビジネスを差別化したい人にとっては、上手なライフサイクルを回す上で魅力的です。

ws641


スポンサードリンク

 

 

リーズナブルと寿命の2つを兼ね備える「Galaxy feel」。安さに不安を感じ、何気なく高いスマートフォンを買いたいと思っている人に「Galaxy feel」はおすすめです。是非、参考にしてみて下さい。

 

ドコモ

https://www.nttdocomo.co.jp

コメントを書く







コメント内容


商品一覧