目的地に近づくにつれ、白い雪景色が顕著になりつつある山道での走行。アウトドア派にとって、魅力ある走行性が備わったお車にエクストレイルがあります。今回は、車中泊に魅力のエクストレイルの特徴とT31とT32の違いについて紹介します。 エクストレイル

エクストレイルが車中泊におすすめな理由

 

エクストレイルは、日産が販売するアウトドア派にとって、嬉しいお車になっているのが特徴です。そんなエクストレイルは、走りのみならずオフロード時に活用できる魅力があります。

 

例えば、1泊2日のスキー・スケート旅行であれば、車中泊ができるお車選びに魅力です。雪まみれの格好で車へ出入りする際も、防水シートが採用されているため、シミになることがありません。つまり、レンタカー選びでもエクストレイルは魅力的です。

 

そして、フラットモードの搭載で、凹凸で気になりがちな睡眠の質もサポートされます。睡眠前の寝心地の悪さを回避することができるということですね。

 

また、20Xを選ぶことで、7人乗りが可能になります。大人数でどこか行く際にもエクストレイルはとても便利になります。

 

エクストレイルT31とT32の違いとは?

旧型であるT31よりも洗礼感の増した外装が特徴的な新型T32。誰しも外観以外の大きな違いが気になるもの。

 

ポイントは新型の方が、車の幅が1820mmであるということです。日本の道路は1800mmを基準に、駐車時のバック移動や住宅街などの細い路地における走行のしやすさに関わってきます。

 

つまり、新型T32はわずかながらに、この基準を超えてしまっているため、比較的車を乗っている歴の長い人の方が向いていることになります。

 

これらのことを考えれば、小回りの利く、旧型T31の中古車購入などもおすすめということになります。ちなみに、中古車のお値段の相場は、250万円前後となっています。

 

エクストレイルの燃費はどうなの?

 

走行性や機能性に優れたエクストレイル。後は、燃費だけが気になるもの。

気になる燃費は、12〜16km/Lになります。この数値は平均的で、アウトランダーやランディーと同じくらいの水準になります。

 

また、走り方にもよりますが、ハイブリットの方が燃費が良くなる傾向があります。これは、燃費が消費しがちな初速の動力が抑えられるモーター走行によって、徐々に加速することによるものになります

 

もちろん、都道府県をまたぐ遠出をする際は、高速道路を利用することも考えられますね。その場合は、16km/L〜21lm/Lと見積もっておけばいいかと思います。

 

ws641

 

 

エクストレイルは、アウトドア派に欠かせないお車となっています。もし、あなたが旅や旅行する際の車中泊を考えるのであればエクストレイルはおすすめです。もし、車中泊をするのであれば、違法駐車やエンジンの付けっぱなしには、気を付けるようにしましょう。

 

日産自動車

https://www3.nissan.co.jp

 

お問い合わせ

0120-941-232

商品一覧

商品詳細