スポンサードリンク

20年、30年先の老後の楽しみに向けて、資産を運用したいけど、投資にはリスクがある。そんな人でも確実にお金を貯めて運用することができる個人年金。今回は、明治安田生命の「年金かけはし」の特徴について紹介します。

明治安田生命

明治安田生命の個人年金の特徴とは

 

65歳になってから年金を受け取ることができる明治安田生命の「年金かけはし」。老後に備えて、確実な積立によって利率の高い運用ができるのが魅力と言えます。

 

しかし、利率が高い分、クレジットカードによる保険料の支払いができない点については注意が必要ですが、既に主契約の中に保険料の振込免除がついているのがポイントです。

 

万が一、ケガや病気などになった場合には、個人年金への振込をせずに、大事なお体への治療に専念できるということですね。

 

つまり、高い利率で運用することができ、万が一の病気などでも対策ができるが明治安田生命の個人年金の魅力です。

 

明治安田生命の個人年金、利率を上げるにはどうすればいいの?

 

個人年金の利率を上げる方法に、据え置きのあるものを選ぶ方法があります。

 

以前までは、据え置きの有無で「年金かけはし」もしくは「年金ひとすじ」のどちらかで選ぶのが明治安田生命の個人年金でしたが、「年金ひとすじ」が停止中のため、「年金かけはし」内で、据え置き期間の有無を選ぶようになっています。

 

運用を考える人にとっては、据え置き期間を付けた「年金かけはし」の方が魅力的です。「据置き」とは「運用」のことを意味します。つまり、受け取る時間を空けることで利率を上げることができるのが「年金かけはし」の魅力です。

 

もし、あなたが老後に日本一周旅行を考えるのであれば、その期間は一周するための計画期間にするといいでしょう。

 

明治安田生命の個人年金、解約するとどうなるの?

 

65歳になるまでに、急にお金が必要になる事態というのは誰にでも考えられます。その場合、個人年金の解約でお金を準備する方法が考えられます。

 

しかし、どこも同じことが言えますが、解約すると返戻率が低くなるだけではなく、元本が割れてしまうリスクも考える必要があるのが注意点です。

 

明治安田生命の「年金かけはし」場合ですと、利率が高い分、10年も経てば返戻率が戻ることも考えられますが、とてももったいないことです。

 

このことから、先のことをよく考えた上で、個人年金への加入を考えなければなりません。将来を考え上で、資金に余裕があって、投資も考えるのであれば、半分は個人年金、もう半分は投資信託のような使い分けで分散しておくこともおすすめです。

 

ws642


スポンサードリンク

 

 

着実な積立が可能で、万が一の保険料の支払いも免除することができる明治安田生命の個人年金。利率の高い「年金かけはし」で「老後の夢」を設計することは、とてもおすすめです。

 

明治安田生命

http://www.meijiyasuda.co.jp

 

お問い合わせ

0120-662-332

コメントを書く







コメント内容


商品一覧