スポンサードリンク

数えきれない履歴書作成、ペンだこ見ながら、ため息つく転職活動。「もっと、効率良く、自分に合った職場を探すことはできないかな?」と思ったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、転職活動に便利な応募者目線でのIndeedの魅力について紹介します。

Indeed

Indeedの求人とは?

 

サイトの作りがシンプルで、頭を複雑にすることなく、求人を探すことができるようになっているIndeed。

 

シンプルながらに使える機能性は高く、GoogleやYahoo!などで検索することができる求人情報を、1つのサイトで一括検索することができるのがIndeedの特徴です。

 

つまり、求人先を探す際に、ブックマークに入れておかなければならない複数の求人サイトは、ほとんどがIndeed内で探すことができるということになります。

 

Indeedで仕事を探すメリットとは?

 

—キーワードを含めて、行きたい職場を検索—

例えば、あなたが医療事務で働きたいと考えていたとします。その場合は、検索フォームにて「医療」と入力するだけでも、医療関連の看護師や歯科医、介護士などが検索結果として表示されるのがIndeedで、シンプルな探し方ができるようになっています。

また、検索結果をもっと絞りたいのであれば、1つ、2つとキーワードを足すことによって、より希望している職種だけを表示させることができます。

 

—面接時の好感度を上げることもー

謙虚な姿勢はもちろんのことですが、企業側にとっても応募者を集めることができる魅力のIndeedだけあって、面接時に「どこの求人媒体から弊社をご覧になられましたか?」という質問に対して「Indeedです」と答えるだけでも、誠実な印象を残すことができる場合があります。

しかし、Indeedはあくまでも検索サイトです。「そこからどこのサイトで応募されましたか?」と聞かれた場合には、「ホームページ」などと答えるようにしましょう。

 

—正社員の求人も多いー

アルバイトで探すこともできるIndeedですが、正社員として応募することができる求人情報が多いのも魅力的です。企業にとっては、即戦力になるスキルのある人材を必要としていることも多いですが、職場環境内における人間関係のゆがみを直すために、人柄の良い人材を必要とする企業の割合も多いのが特徴です。

スキルがなくても、「初心者歓迎」と記載のある企業先なら、積極的に応募してみることもおすすめです。

 

Indeedはどこからの求人情報が盛り込まれているの?

 

求人のまとめサイトということで、どんな転職サイトがIndeed内に盛り込まれているのか気になるもの。ここでは、2つの転職サイトをピックアップしておきます。


スポンサードリンク

 

リクナビNEXT

リクナビでは、中途採用の求人が多いのが特徴です。つまり、Indeedでは、転職に便利なサイトとしても活用することができるようになっています。転職と聞くと、イメージがあまり思わしくないケースも考えられますが、年齢や実績によっては、複数のスキルと経験をかわれて採用されるケースも考えられます。

 

DODA

採用側にとって、新卒と転職してくる人を見る視点は変わります。DODAでもリクナビNEXT同様に中途採用を考える企業が求人に出していることもあり、転職に便利なサイトとなっています。掲載されている求人もAIやドローンなどの最新技術を活かした企業先も多くあるのが特徴的です。つまり、Indeedでは、今で話題の仕事探しにも便利なサイトと言えます。

 

ws641

 

これら以外の求人サイトだと、タウンワークなどもあげることができます。どこのサイトで探せばいいのか分からない。そのような人でも1つのサイトでたくさんの求人情報を効率良く探すことができるのがIndeedの魅力です。

 

 

Indeed

https://jp.indeed.com

コメントを書く







コメント内容


商品一覧