スポンサードリンク

これから生まれてくる子供の名前が決まったところで、加入を考えたくなる学資保険。中でも返戻率に魅力ある学資保険に「フコク生命」があります。今回は、フコク生命の学資保険である「みらいのつばさ」を紹介します。

学資

 

フコク生命の学資保険はどれがおすすめなの?

 

「フコク生命」の学資保険には、2つのタイプがあります。1つはステップ型で2つ目がジャンプ型です。

 

主な違いは保険金を受け取るタイミングです。「ステップ型」の場合、3歳、6歳、12歳、15歳、18歳、20歳、22歳といったように、節目の時期に合わせて受け取ることができるようになっています。いわゆる祝い金というものになります。

 

一方で、「ジャンプ型」の場合、18歳もしくは、22歳の時点で一括で受け取ることになります。いずれも、返戻率が100%を超えるため貯蓄性に魅力ある学資保険と言えますが、「ジャンプ型」の方が、受け取る回数が少ない分、返戻率が高くなります

 

しかし、30歳の男性と0歳の子供の加入で受け取る際の返戻率の差は、約1%です。特に返戻率を意識することなく、大学の費用のみならず、小学校や中学校の入学前に必要なお金を用意したいと考えるのであれば、自由な引き出しができる「ステップ型」もおすすめです。

 

学資保険の払込期間はいつまで?

 

払込期間を短くすることで、返戻率を上げることができる学資保険。「フコク生命」では、11歳、14際、17歳のいずれかで選べるようになっています。

 

もし、返戻率を上げたいと考えるのであれば、この保険料の振込期間を短くした方が、受け取る際に大きなお金として戻ってくる事になります。

 

振込期間が短いということは、最終的に支払う保険料を抑えることにつながります。そして、支払う期間が短ければ短くなる程、その後に余裕が生まれることになりますので、可能なのであれば短い期間を選ぶことがおすすめです。

 

フコク生命の学資保険の元本割れは大丈夫なの?

 

最近、元本割れを起こす学資保険が増えてきている中で、フコク生命が返戻率が気になってしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

主に学資保険が元本割れすることが考えられるリスクの1つに、低金利が挙げられます。長引く低金利によって、「フコク生命」の学資保険も打撃を受けていますが、依然と105,1%の高水準を保っています。

 

また、会社の倒産によって、元本割れを引き起こすリスクも考えられますが、「フコク生命」の健全性は高いので、安心です。

 

この保険会社の健全性を指し示すものに、ソルベンシー・マージンと呼ばれるものがあります。一般的に200%以上が健全である会社である証になりますが、「フコク生命」では、1,000%を超える数値が出ています。支払余力に余裕のある「フコク生命」なら、子供の将来を考えた保険料の支払いに安心感があります。

 

ws641

 

 

「フコク生命」では、兄弟割引というものも魅力です。2人目の子供のためを思い、加入をすると保険料が割引かれえることになります。そこも考えた上で検討をしたいのがフコク生命の魅力と言えます。

 

フコク生命

http://www.fukoku-life.co.jp

 

お問い合わせ

0120-259-594

商品一覧

商品詳細