スポンサードリンク

「同じチームの友人が大きなケガをして、もし自分がそうなってしまったらどうしよう?」これをきっかけに加入を考えたくなる生命保険。今回は、保障内容が手厚い「1up住友生命」の魅力ある特約について紹介します。

三井住友

1up住友生命の収入保障

 

保険に対して、魅力を感じるところは人それぞれですが「1up住友生命」の良いところは保障内容の手厚さです。

 

中でも魅力的なのが、収入保障(生活障害収入保障)になります。もし、あなたが何かしらのケガで就労が困難になってしまったとします。その際は、公的な保障を受けることになりますが、給付されるのに必要な条件が厳しいのが特徴です。

 

しかし、「1up住友生命」の場合だと、比較的低い条件で保障を受けることができるため、万が一のことがあっても安心できる内容になっています。

 

例えば、プライベートにおけるスポーツで骨折をしてしまい、仕事はできなくもないが片腕や片足が使えずに困ってしまう。そのような場合でも、保障を受けることができます。

 

しかし、この程度のケガですと、障害年金1・2級や要介護2以上に該当されず、保障手当を受け取ることができないことがほとんどです。

 

つまり、このようなケガの程度でも、「1up住友生命」で65歳まで50万円以上(上限はほとんどない)の年金を貰える状態に設定しておくことができるということになります。

 

 収入保障が受けられる基準とは?

 

しかし、多くの場合、簡単な見積もりの時点ではなく、「実際にケガをしてみないと、本当に保障が受けられるのかどうか不安」という考えがあるかと思います。

 

「1up住友生命」の収入保障が明確に受けられる基準は、松葉杖+誰かに手伝ってもらわないと生活が厳しくなってしまった状態です。

 

具体的には、お風呂で体を洗うことがひとりでは困難なケースや、食事ができなくなった場合などに収入保障が得られることになります。

 

そんな身体的に苦しい生活を強いられているのにも関わらず、年金を受け取ることができない。そんな、リスクに備えることができるのが「1up住友生命」の収入保障の魅力になります。

 

1up住友生命は、収入保障だけでも入れるの?

 

障害年金1・2級や要介護2以上に該当せず、年金がもらえないリスクを避けることができる「1up住友生命」の収入保障。

 

注意点としては、この収入保障が特約になっているということです。しかし、

特約だけでも加入することができるのが「1up住友生命」の魅力でもあります。

 

一般的には、保険ファンドや入院保障などと並行して、加入するのが基本と言えます。

 

特約だけで加入するメリットは、保険料が安くなるということです。似たような条件で加入する際の、一般的な保険と比べて、「1up住友生命」は保険料が高くなる傾向があります。

 

しかし、どの生命保険にも言えることですが、どこも一長一短で、「1up住友生命」の場合、保障が手厚い分、保険料が高くなるのが特徴です。

 

つまり、家計を考えた上で、特に生命保険の保障内容を手厚くしておきたい人に「1up住友生命」を選ぶメリットがありますが、そうではない人でも特約のみの加入で万が一の備えができるようになるということになります。

ws642

 

 

「1up住友生命」の収入保障(生活障害収入保障)は、定年頃までの年金額の手厚さが魅力です。そして、他の13種類の特約でも手厚い保障を選ぶことができるようになっています。日常的に体を使うことが好きな人に、おすすめな生命保険となっています。

 

1up住友生命

http://1up.sumitomolife.co.jp

 

お問い合わせ

0120-199366

商品一覧

商品詳細