スポンサードリンク

カメラを片手にリュックを背負い、いざ西日本への旅に。そんな、西日本の旅で利用したくなる「e5489」と呼ばれる乗車券の予約ができるサイトがあります。今回は、長旅で利用したくなる「e5489」の利用区間と往復割引について紹介していきます。

240_F_149642924_tOzLEXg4N0HTPQVXN7s8vImOkrblA9Cu

 

e5489とは?どこに行くのに便利なの?

 

「e5489」とは、JRが運営している「おでかけネット」におけるサービスになっています。

 

「e5489」では、西日本を中心とした、乗車券の予約ができるようになっています。西日本という言葉は少し抽象的ですが、具体的には上越新幹線と東北新幹線エリアを走行する新潟と那須塩原(栃木県)より、西側の日本の新幹線を利用することができるようになっています。

 

つまり、鹿児島県の火山で有名な桜島、四国の松山城などへの観光に便利な新幹線として、乗車券の予約をすることができるようになっています。

 

注意点としては、東海道新幹線の場合だと安い乗車券の予約ができないところです。しかし、それ以外の区間であれば、通常よりも安い乗車券の購入で、新幹線を利用することができるのが「e5489」の良いところです。

 

乗車券の受け取りはどこでできるの?

 

PASMOやSuicaを使ったいつもの通勤ではない、新幹線での旅になることから、誰しも乗車券の受け取り方が気になるもの。

 

よく比較されがちなエクスプレス予約と比べて、乗車券の受け取りをする必要があるのが「e5489」の特徴です。注意点としては、事前予約であっても、現地で乗車券の受け取りをする必要があることです。そのため、自宅へ配送されないようになっています。

 

このことから、仕事終わりの通勤帰宅のついでに、JR駅にある「みどりの窓口」や「みどりの受取機」などで乗車券を受け取るのがおすすめです。また、コンビニ払いやクレジットカード払いであっても受け取りは、駅になってしまう点には注意が必要です。

 

e5489の往復割引はどこまでが適用されるの?

 

遠い西日本への旅で知っておきたい「e5489」の往復割引。旅行などで乗車券の予約をする際は、片道のみならず、往復分の乗車券も予約することができるようになっています。

 

気になる割引率は、行きと帰りの乗車券、それぞれで10%引かれることになります。注意点としては、片道の営業キロが601km以上であること条件になります。

 

営業キロの目安としては、東京〜岡山までは732.9kmになりますので適用されることになります。しかし、東京〜新神戸までで589.5km、新大阪〜新山口までですと487.1kmとなってしまいますので、割引は適用されません。

 

通常、新幹線の乗車券を入手する際は、片道分のみの購入をしている人もいらっしゃるかもしれませんが、往復分で予約した方がお得になります。日本を一周するような長旅や出張などに魅力的な割引となっています。

 

ws642

 

 

「e5489」では、往復割引以外にも、フライトで可能な早得割引なども利用することができるようになります。お得な乗車チケットで、西日本への旅を「e5489」で充実させましょう。

 

おでかけネット

https://www.jr-odekake.net

商品一覧

商品詳細