スポンサードリンク

お車の型式が分かったところで、必要な項目され分かっていれば、大体の見積もりがとれる自動車保険料。今回は、そんな見積もりを低く抑えることができる、セゾン自動車保険の特徴や向いている人について紹介します。

セゾン

セゾン自動車火災保険の特徴とは?

 

セゾン自動車火災保険は、事故率の低い30,40代の人向けの自動車保険が特徴的ですよね。このような年齢の人は、もともとの保険料自体も安く、さらに安く抑えることができる自動車保険へと加入することができるのが特徴です。

 

誰もが注目したくなる自動車保険と言えるでしょう。そして、付帯されがちなロードサービスを外して、もっと安くできるのもポイントです。

 

ロードサービスというのは、契約もととは別で、JAFの会員になってサービスを受けるという選択肢もあります。

 

しかし、安全運転を心がけているみなさんにとって、本当に必要な項目なのでしょうか?

 

セゾン自動車火災保険のロードサービス

 

セゾン自動車火災保険では、ロードサービスというサービスが「ロードアシスタンス」という文字で置き換えられています。

 

一般的なロードサービスと違う点は、利用回数が無制限である点です。通常、ロードサービスというのは、保障期間内において1回の利用が限度のところが一般的です。

 

365日の中で、何回かレッカーを呼ぶ必要のある人は、JAFにも加入しておきましょう。とおすすめしたいところですが、セゾン自動車火災保険であれば不要です。

 

しかし、給油サービスに関しては、保障期間内に1回のみとなっています。燃料切れのリスクを想定している人はJAFも視野に入れて加入の検討をする必要があります。

 

セゾン自動車火災保険の走った分だけお得

 

保険会社は、多種多様で、同じ保障内容でも5万円前後もの金額に開きがでてしまうことも珍しくはありません。よって、見積もりが大変なのが自動車保険です。

 

このことから、毎年乗換を考えてしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、最近では、乗った分だけの保険料で済むプランを用意している会社が増えてきています。もちろん、セゾン自動車火災保険にも、そのようなサービスがあります。

 

普段、土日だけしか使わないような人。地元でのショッピング程度にしか車を走らせることがないような人にとって、中々ネックになる場合があるのが自動車保険料です。そのような人でも、走行距離に応じた保険料の支払いを検討してもらいたいところです。

 

ws641

 

いかがでしたか?ちなみに、セゾン自動車火災保険は、ダイレクト型の自動車保険として選べる特徴があります。通信販売型の保険が増えてきている傾向がある中で、特徴を知っておく必要が出てきているのがダイレクト型の自動車保険です。是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

 

セゾン自動車火災保険

http://www.ins-saison.co.jp

 

お問い合わせ

0120-55-0107

コメントを書く







コメント内容


商品一覧