スポンサードリンク

「車を買いたいけど、どの保険が自分には向いているのか難しい。」CMで数々の保険会社が流れる中で、そう感じてしまうことは仕方がないことです。今回は、その中の一つとも言える、アクサ損害保険の自動車保険の特徴について紹介します。また、安さの二本柱とも言えるダイレクト型と外資系との比較についても解説していきます。

アクサダイレクト

アクサ損害保険の自動車保険の特徴とは?

 

アクサ損害保険の気になる自動車保険。アクサ損害保険はダイレクト型であることを活かした負担の少ないプランを選ぶことができるようになっています。

 

そんな、アクサ損害保険の魅力は保障内容を選べるという点です。自動車保険には、対人賠償保険や車両保険などが挙げられます。事故時を想定した時に自分で補えるだけの資金に合わせて、一部省くことができるのがいいところです。

 

例えば、人を乗せることがないと思えば、搭乗者保険は不要になりますし、事故によって故障した場合は、修理するより乗り換えた方が得だと思えば、車両保険は不要になります。

 

アクサ損害保険の自動車保険。安さで選ばれる理由とは?

 

車の購入時にどうしても考えなくてはならない自動車保険。人によっては、お車の購入を考えている時点で、上乗せしている自動車保険料。

 

基本的に、どんなに高い保険料を支払ったとしても、多く保険料が貰えるということはありません。あくまでも、事故時における穴埋めになります。手元に残るお金は、1円もないということです。

 

そんな、掛け捨てだからこそ、安さが魅力のダイレクト型の自動車保険を選んでおきたいものです。

 

外資系と比べるとどうなの?

 

入るプランにもよりますが、代理店とダイレクト型は、ダイレクト型の自動車保険の方が安い傾向があるというのを分かって頂けたかと思います。

 

そこで、安い保険会社をもう一つあげるのであれば、外資系を挙げることができます。

 

外資系の場合、透明性が少し低いという注意点があります。比べて、アクサダイレクトなどのような日本のダイレクト型自動車保険の場合だと、ディスクリプトがしっかりしているため、安心してプランに入ることができます。

 

しかし、外資系を団体で入っている、企業もあります。そのような人達は、実際に交渉したゆえの決断でもあります。保険に対する目利きが長けているからこそ選べています。

 

私たち素人は、内容を知ることができる項目が限られています。車の運転中に、「事故をおこした時、お金が支払われなかったらどうしよう?」という気持ちで運転したくありませんよね?安さで選ぶ次は、やはり信頼です。

 

ws642

 

 

自動車保険の場合、無事故で年々どれくらい安くなるのかも知っておくと、いかに安全運転を心がける動機にもなりますよね。是非、参考にして頂ければ幸いです。

 

 

アクサ損害保険

https://www.axa-direct.co.jp

 

お問い合わせ

0120-889-563

商品一覧

商品詳細