スポンサードリンク

私たちの生活を支えている家電製品の数々。ビックカメラでは、様々な日用品を手にすることができるようになっていますが、通勤にも便利です。今回は、家電メーカー内におけるビックカメラの特徴とクレジットカードの魅力について紹介します。
ビックカメラ

ビックカメラで買い物するメリットとは?

 

—生活品全般の取り扱いー

名前は、カメラですが、家電製品のみならず、様々な生活品の取り扱いが豊富なのがビックカメラの特徴です、例えば、布団や机、スポーツ用品。家電以外のライフスタイルの充実性を図ることができるのも魅力です。また、ビルに店舗が敷設していることが多いことから、具体的な買い物がきまっている人というよりかは、「何となく、外へ行って買い物してこようかな?」みたいな人にも向いています。

 

—貯めたポイントをSuicaにチャージできるー

ビックカメラでは、普段の通勤で利用しているSuicaカードへのチャージができるクレジットカードの存在があります。このクレジットを、ビックカメラSuicaカードを呼ばれたりもします。家電製品以外の取り扱いが豊富なビックカメラだからこそ、貯めやすいのが魅力的です。

 

ビックカメラSuicaカードの特徴とは

 

—年会費がかからないー

ビックカメラSuicaカード以外のSuicaへのチャージができるクレジットカードは存在します。しかし、年会費がかからないカードは、ビックカメラのみです。人によっては、年会費がかかってしまうことが、ネックになると思う人もいらっしゃるでしょう。負担の少ないクレジットカード選びに、ビックカメラはおすすめです。

 

—定期チャージにおける還元率の良さー

ある日、気がつくと「定期代のチャージに25万円使っていた」そんな風に思ったことがある人もいらっしゃるでしょう。。ビックカメラのSuicaカードで定期チャージすると、還元率は1.5倍になります。大きなお金と大変な通勤だからこそ、還元率の高いカードを選んでおきたいものですよね。

 

—VIEW ALTTEを使える—

池袋を通勤している人は分かる通り、この1年でVIEW ALTTEの敷設が著しくなりました。まだまだ、並んでいる様子は見かけられませんが、ビックカメラのSuicaカードをチャージすることもできるようになっています。VIEW ALTTEでは、オートチャージのみならず、ポイント交換などのサービスも利用できるようになっています。

 

選ぶならVISA?それともJCB?

 

ビックカメラSuicaカードは、VISAかJCBの2択です。迷ってしまうのも仕方のないことです。なぜなら、どちらもあまり機能的には変わりがないからです。

 

しかし、もしあなたが日本人なのであれば、国内ブランドであるJCBがおすすめです。VISAの方が世界的に知名度も高く、利用できる場所も多いです。しかし、JCBの方が日本人向けのサービスが充実しています。

 

クレジットカードへの安全性を確かめたい場合などにおける、もしものサポートがJCBの方が手厚くなっているからです。ショッピング機能やチャージ機能が良く似ている両者を、あえて選ぶなら、JCBがおすすめです。

 

ws642


スポンサードリンク

 

いかがでしたか?家電製品と通勤が結びつくことに驚かれた人も中にはいらっしゃったことでしょう。生活密着型のビックカメラで、色んなショッピングを楽しんでみてはいかがですか?

 

ビックカメラ

https://www.biccamera.com

 

お問い合わせ

0570-06-7000

コメントを書く







コメント内容


商品一覧