スポンサードリンク

使われている言葉や特定の人しか利用できないことから、あまり詳しく語られることがない全労済。今回は、似たり寄ったりの生命保険との比較で全労済の特徴について紹介します。

全労済

 

全労済とは?

 

ひと昔前、全労済と言えば、終身年金共済と呼ばれるものが非常に魅力的でした。なぜなら、掛け金の2〜3倍もの返戻金を見込めた驚きの個人年金があったからです。

 

しかし、今はそのような個人年金はなく、世間を騒がせた以来、業界的に落ち着いてきているのが今の全労済です。

 

全労済のラインナップには、生命共済や医療共済などの商品があります。これは、生命保険で言う生命保険や医療保険に当たるものになります。

 

みなさんにとっては、生命保険などと同じような使い方で、毎月の保険料(掛け金)の支払いによって、万が一の保障金を用意できるものとなっています。

 

共済と生命保険の違いて何なの?

 

似ていないようで似ている。いずれも、保障制度を利用できるものになっています。しかし、使われている言葉に違いがあります。

 

例えば、生命保険では、保険料や配当金という言葉を使うのに対し、共済では、掛金、割戻金という言葉になります。言葉に違いはありますが、意味は同じになるのがポイントです。

 

また、共済である全労済の場合、対象となる利用者に制限があります。ほとんどの国民が入ることができる生命保険に対し、共済はある特定の人のみが利用できる制度です。

 

特定という意味で利用できる人は少なくなってしまいますが、リーズナブルな掛け金で、充実した保障内容を得られるメリットがあります。対象者であるからには、積極的に利用したいのが全労済と言えます。

 

全労済がお得と言われている理由とは?

 

「全労済の方が安くてお得だよね」と良く言われながらに、何が安いのか分からない人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

 

共済には、掛け金や配当金というものが存在します。一般的に安くなるのは月々の掛け金になります。生命保険で言い換えるのであれば、保険料が安くなるということですね。

 

しかし、ご高齢になると、万が一の保障費用が低くなります。この点に関しては、生命保険とあまり変わらないのが特徴です。

 

つまり、「共済の方がお得なのでは?」と思っている人もいらっしゃるかもしれませんが、同一のプランや保障内容と比べても生命保険の方が安かったり、高かったりするのが特徴です。

 

一概に、共済である全労済の方が安くて、魅力的と断言できなくなってきているのが現在の保険です。

 

ws642

 

いかがでしたか?最近の保険は多種多様で、「何が良くて、何が悪い」とかはなくなってきている時代になってきています。難しい保険だからこそ、詳しく丁寧に説明してくれるところを選ぶのも正しい選び方なのかもしれませんね。是非、参考にしてみて下さい。

 

 

全労済

http://www.zenrosai.coop

 

お問い合わせ

0120-00-6031

商品一覧

商品詳細