スポンサードリンク

普段、見ているWEBメディア。どんな人が手がけているのか気になったことはありませんか?今回は、パソコン全般のスキルを学べる「パソコン教室のアビバ」で学習できる内容やWEBマーケティング系の仕事内容について少し触れていきたいと思います。

アビバ

WEBマーケティングの仕事内容とは?

 

・プログラマー

プログラマーとは、プログラム言語を用いて、コンピューターのシステムやアプリケーションの開発を行う人です。「パソコン教室のアビバ」では、プログラマーになるために必要なJAVAを学べるようになっています。また、黙々と作業をすることが多いことから、プログラマーは理系で、ディレクターは文系と言われたりもします。つまり、自分の世界に集中できるような人はプログラマーに向いていると言えます。

 

・WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、ホームページやメディアなどの装飾を担当する人です。また、ページの印象の美しさのみならず、閲覧者にとって検索しやすい機能面のデザインを担当するのもWEBデザイナーの仕事です。「パソコン教室のアビバ」では、デザインを行うツールとして、illustratorやPhotoshopなどのソフトウェアの使い方を学ぶことができるようになっています。

 

・WEBディレクター

ディレクターとは、WEBマーケティングの中間職でもあります。例えば、あるメディアで1つの記事を公開する際は、記事を担当したWEBライターや画像を担当したWEBデザイナーとやり取りを行う中で、最終的な仕上げや企画を行うのがディレクターの仕事です。彼らとやり取りを行うには、様々な知識が必要です。必要となりうる技術を「パソコン教室のアビバ」の講座全般で学べるようになっています。

 

「パソコン教室のアビバ」なら事務職でも活かせる

 

「パソコン教室のアビバ」では、WEBマーケティングで必要とされる知識を学べるようになっています。しかし、WEBマーケティング以外の人でも役に立つ学習が行えるようになっているのもアビバの特徴です。

 

例えば、パソコンを扱うことが多い、事務職やオフィスワークで働く人は、ワードやエクセルを使うことは一般的と言えるでしょう。

 

「パソコン教室のアビバ」では、特定の業界のみならず、どの業界でも必要とされるMOSや事務職に関する知識も学べるようになっています。

 

 

お子さんも「パソコン教室のアビバ」で!

 

パソコン教室のアビバでは、お子さん向けの学習内容も用意されています。例えば、基礎的なキーボード入力やローマ字の変換などができるようになります。

 

みなさんも保護者として、20年前の幼かったあの頃を懐かしく思えることでしょう。。

 

現代では、何をするにせよ、コンピュターが必要な時代です。どこの職場へ行っても、ほとんどの施設にパソコンが置いてあるかと思います。何か1つ、習い事をさせてあげたい思いをパソコン教室として、選んであげるのもおすすめです。

 

ws642

 

いかがでしたか?パソコン教室のアビバでは、土日だけでも通うことができるコース。受講後の日程も柔軟に変更できる点では、通いやすいのが魅力です。是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

パソコン教室のアビバ

http://www.aviva.co.jp

 

お問い合わせ

0120-333-336

商品一覧

商品詳細