スポンサードリンク

お手元の携帯電話。あなたは、どのような用途で使用していますか?メールですか?それとも通話ですか?今回は、格安SIM会社であるY!mobileモバイルへ以降するメリットと注意点について解説します。

Yモバイル

Y!mobileモバイルとは?

 

「スマートフォンは、どこのものですか?」この問いに対して、ドコモ、ソフトバンク、auと答える人は一般的です。しかし、人によっては聞き慣れない会社名を答える人も中にはいます。それが格安SIM会社と呼ばれるものです。

 

厳密に言えば、大手キャリア以外の端末のことを指し、Y!mobileもその中の1つです。

 

そんな、Y!mobileへ乗り換えるメリットは、携帯代にかかる費用を少なくすことができる点です。例えば、日頃はパソコンを利用するから、ネットサービスを使わない人にとっては、「何で携帯にこんな費用を払わなければならないの?」と素朴な疑問を抱いているような人におすすめです。

 

Y!mobileモバイル、どこのユーザーがおすすめなの?

 

スマートフォンの2年更新の場合、ほとんどの人が他社契約に必要なMNPと呼ばれる12桁の予約番号を受け取ります。取得する際は、使っていたキャリアへ連絡することになります。中でも、電話でMNPを修得する場合、Y!mobileへの勧誘があるのがソフトバンクの特徴です。

 

しかし、少ししつこいと思ってしまう勧誘に乗った方が、得するケースも考えられます。基本的にY!mobileのような格安SIMは、回線元である親会社の存在があります。

 

もちろん、Y!mobileの回線元はソフトバンクになります。通常、回線元が他社の場合、二年目以降で月々の費用が割高になるケースが考えられます。

 

しかし、Y!mobileのいいところは、2年目以降でも1年目の−1,000円が適用されるのが魅力です。このことから、ソフトバンクユーザーの人がY!mobileへの乗換におすすめです。しかし、他ユーザーでも、Y!mobileへの乗換で料金がお得になるケースが多くなります。

 

Y!mobileモバイルにする際の注意点とは?

 

Y!mobileへの乗換は、ソフトバンクでMNPを受け取り、Y!mobileに知らせた後に、郵送されてくるSIMカードの入れ替えを行った時点で、回線が切り替わることになります。

 

注意点としては、回線が切り替わった時点で、Y!mobileの料金が発生することです。つまり、時期によっては、ソフトバンクとY!mobileの両方からの請求が課せられてしまう場合が起こりうるということです。

 

しかし、契約ギリギリまで待ってしまうと、SIMカードの入れ替えをしていないのにも関わらず、自動で回線が切り替わることにも注意が必要です。

 

つまり、使用していたキャリアの締め日とMNPの有効期限の把握が、ダブル請求を避けるためのポイントになります。

 

また、ソフトバンクユーザーは人によって、締め日が異なります。契約前は自分の契約状況を確認しておくことをおすすめします。

 

 

いかがでしたか?格安SIMにもお値段以外の観点で、電波の良し悪しやプランの種類で選ぶ方法があったりします。今のスマートフォンへのお悩みを格安SIMで解決してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

ws641

 

Y!mobile

http://www.ymobile.jp

 

お問い合わせ

0570-039-151

コメントを書く







コメント内容


商品一覧