スポンサードリンク

自動融資という言葉、聞いたことはありますか?普通、融資やローンを受ける際は、自分で申込をしてから利用するのが一般的です。今回は、横浜銀行を例に、どのような生活状況の時に、この自動融資が付帯したサービスが魅力を発揮するのかについて解説していきます。

横浜銀行

横浜銀行とは?

 

横浜銀行は、メガバンクではありませんが、全国における店舗数トップ10に入る比較的大きな銀行になります。

 

もちろん、都市銀行と同じようにお金を預けたり、給与の振込先や引き落とし先の口座として、利用することができるようになっています。

 

また、最近では銀行で初めて導入されたスマートフォン決済が行えるサービスが導入されたことでも記憶に新しいものとなっています。電子化が進む現代において、常に便利なサービスを私たちへの提供を志している様子が伺えますね。

 

自動融資とは?利用するメリット

 

自動融資とは、例えば、あなたの口座が空の状態で、光熱費などが引き落とされない時に、自動で光熱費分が融資され、引き落としになる融資のことを言います。

 

メリットは、自動融資によってクレジットカード会社への信用に傷がつかないことです。クレジットは、信用に厳しく、支払いなどが延滞すると、その後のクレジットカード利用が正常に行われない可能性が出てくることになります。

 

そのような、緊急事態に自動融資は力を発揮します。しかし、最終的には返済することになっていますので、そこだけは注意が必要です。

 

つまり、力を借りるというよりかは、万が一の緊急事態の穴を埋める保険のようなものが自動融資となります。

 

横浜銀行の自動融資を受ける際の注意点とは?

 

自動融資という言葉をあまり耳にしたことがないと思う人はいらっしゃるでしょう。それもそのはずで、あまり扱われることのないサービスだからです。しかし、横浜銀行ではこの自動融資が付帯しているサービスを受けることができるようになっています。

 

注意点は、横浜銀行カードローンには自動融資ができない点です。このことから、自動融資を希望する人は、横浜バンクカードを選ぶのがおすすめです。

 

横浜バンクカードは、クレジットカードやデビットカードと多様な用途で利用できるのが大きな特徴です。

 

また、自動融資を受けるような際は、しっかりいくらの金額が引かれているのか確認する必要があります。そして、毎月頼ることができないのが自動融資です。

 

いかがでしたか?主に、不足金の穴を埋めるのが自動融資の役割になりますが、必ず返済しなければならないのがポイントです。あなたの持っているカードにもこの自動融資の機能がついているかもしれません。「なぜか、生活費などが振り込まれている。」そんな時は、自動融資された可能性があります。しっかり口座を確認してみるといいでしょう。

 

ws642

 

 

横浜銀行

http://www.boy.co.jp

 

お問い合わせ

045-225-1981

商品一覧

商品詳細