スポンサードリンク

みなさん知っているTポイントカード。Tポイントが貯まっているけれど、特に交換したい商品や使い道が見当たらない人も中には、いらっしゃるかもしれません。今回は、Tポイントの使い道に困っている人に紹介する、現金化させる方法と注意点について解説します。

Tポイント

そもそもTポイントが貯まりやすい人とは?

 

ーコンビニ好きの人ー

コンビニだと、少しお値段が高かったりすることもあります。しかし、値段ではない近場にあるという便利さに魅力を感じて、利用する人も多いですよね。

 

昔からどこにでもあるコンビニですが、最近は駅構内や病院、オフィスビルにも新しく敷設されることが多く、店舗数の増加が激しくなってきています。

 

そんな、コンビニ好きの人は、ファミリーマートなどでポイントを貯めることができるようになっています。また、利用回数に応じて、ファミマランクが高い程、還元率も高くなります。

 

コンビニの便利さは、多様化しています。コンビニATM利用者数の増加に伴い、メガバンクのATMの数が年々低下している程です。銀行を凌ぐ、コンビニエンスストアを決して侮ることはできませんね。。

 

ー車好きの人ー

車好きの人にも貯まりやすいのがTポイントの特徴です。車関連における主な提携先は、オートバックスとENEOSです。車好きの人にとって、カー用品のショッピングを楽しんだり、ガソリンスタンドへよって洗車したり給油したりすることは自然なこと。

このことから車好きの人でも、Tポイントを貯めることができる生活環境にあるのが良いところです。

 

注意点としては、ENEOSのクレジットカードの種類によっては、ポイントを貯めることができない点に関しては注意が必要です。

 

Tポイントを現金化する方法とは?

 

Tポイントを貯めても、使い道がなかったりする人も中にはいらっしゃるでしょう。身近すぎて、財布の中へ、いつの間にか入っていたTポイントカードを現金化する方法について紹介します。

 

ジャパンネット銀行

気になる換金先は、ジャパンネット銀行と呼ばれるネット銀行になります。ジャパンネット銀行は、インターネットを不安に思うユーザーが安心できるセキュリティー関連のサービスにも強い会社となっています。

 

実際に、現金化のサービスを利用してから口座に振り込まれる期間は、15日前後にはなってしまいます。しかし、銀行で唯一、Tポイントを現金化することができるのがジャパンネット銀行です。


スポンサードリンク

 

やり方も簡単です。既にジャパンネット銀行を使っている人は、操作に慣れていれば、1分もかからずに手続きを済ますことができるようになります。貯まったTポイントの使い道がなくて、困っているような人におすすめです。

 

Tポイントを現金化する際の注意点とは?

 

現金化されて、初めて得した感覚になる人もいらっしゃるかもしれません。しかし、加盟店でそのままポイントを使った方が、トータルでお得になるのがTポイントの特徴になります。

 

具体的に言えば、加盟店の場合だと1ポイントで1円分をそのまま使うことができるのが魅力です。例えば、1000ポイントで1,000円分を使うことができることに対して、ジャパンネット銀行の場合だと85%分の現金化になりますので、850円の受け取りになります。差額は、150円です。

 

つまり、貯めたポイントが多ければ多い程、加盟店でポイント交換した方が得することを知っておく必要があるのが、現金化する際の注意点です。

 

 

いかがでしたか?レジや受付、Tポイントを貯めることができるカード申込の案内は、とても多いのが特徴です。ついついカードを作ってしまい、ポイントが貯まりに溜ってしまった人もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような人に、参考にして頂ければ幸いです。

 

ws642

 

 

Tポイント

http://tsite.jp

コメントを書く







コメント内容


商品一覧