スポンサードリンク

あなたは日頃、どのような用途でクレジットカードを使っていますか?3日前のショッピングで「何を買って、いくら使ったのか?」覚えていますか?今回は、クレジットカードの管理を便利なものにすることができるVpass(ブイパス)の魅力と利用できるカードをピックアップしていきます。

Vpass

Vpassとは?

 

Vpassとは、クレジットカードの使用履歴や照会などのサービスを手軽に行うことができるサイトになっています。つまり、Vpassへログインすることによって、クレジット払いによる履歴を確認することができるようになります。

 

気になるサービスを提供する会社は、VJAグループと呼ばれる会社になります。VJAグループでは、お金の管理がネット化してきている現代において、私たちにとって、より便利な金融サービスをネット上で可能にするツールを提供してくれています。

 

Vpassは、そのサービスの一環です。全てのクレジットカードで利用することはできませんが、管理しにくいクレジットカードの利用を便利なものにしてくれます

 

そんな、Vpassは使用するデバイスを選びません。自宅や会社にあるパソコン以外のスマートフォン可能になっています。気になった時にアクセスし、確認することができるようになっています。

 

Vpassを利用するメリット

 

クレジットカードは、作ったからには自分で管理しなければならないものです。しかし、現金のような、現物ではない空気のような存在です。このことから、注視しにくく、人によっては金銭感覚が崩れやすいともまで言われているほどです。。

 

Vpassなら履歴として、しっかり数字化されるようになっています。使用して、「実際にいくら使ったのか」「どれくらい残っているのか?」などの確認をその場でも、一ヶ月後でもできるようになっています。

 

もし、金銭感覚が崩れやすい人は、利用するたびに履歴を見る癖をつければ、現金と同じようなものとして、大切にお金を扱うことができるようになるでしょう。。

 

どの会社でVpassを利用できるの?

 

りそな銀行

人によっては、三井住友銀行の専用カードサービスなのでは?と思う人もいらっしゃるかもしれません。しかし、りそな銀行やその他の銀行でもVpassを利用することができるようになっています。

また、カードの種別でVISAの記載のない横浜バンクカードなどでも使えることがあります。

あえて、注意点をあげるのであればデビットカードのVpassは利用できないことです。デビットカードは、銀行口座から直接引き落とされるものになります。既に最小限の使い方ができるものとして、みなすことができるでしょう。

 

三井住友銀行

Vpassといえば、三井住友銀行だと思う人もいらっしゃることでしょう。特に三井住友銀行の中で、複数のカードを所持している人にVpassはおすすめです。


スポンサードリンク

 

そして、Vpassを利用するなら、アプリのインストロールがおすすめです。アプリなら自動ログインによって、一歩早く照会することができるからです。

 

金銭感覚が崩れやすい人は、Vpaaへのアクセスを日常化させ、お金の管理をしっかり行うようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?使用履歴の確認を行うことができるVpassでは、対象のクレジットカードに付帯しているポイント交換などのサービスも利用できるようになっています。Vpassの利用をして、クレジットカードの充実性を、より良いものにしてみてはいかがでしょうか?

 

ws641

 

VJA

http://www.vja.gr.jp

コメントを書く







コメント内容


商品一覧