スポンサードリンク

保険会社は大きく、代理店型とダイレクト型の2つに分けることができます。いずれも、大きな損害をカバーすることができることには変わりはありません。しかし、お値段に違いがみられるのが特徴的です。今回は、代理店と比較した上で選ぶ、三井ダイレクト損保の魅力と活用法について紹介したいと思います。

三井ダイレクト損保

なぜ安いの?保険の充実性は大丈夫なの?

 

どの保険を選ぶのかにもよりますが、三井ダイレクト損保の大きな特徴は、保険料の安さです。これは、三井ダイレクト損保がダイレクト型の自動車保険であることによるもので、代理店にはない魅力と言えます。

 

しかし、人によっては安いという理由で保険への充実性に疑問を感じ、加入へのためらいを感じてしてしまう人がいらっしゃるかもしれません。しかし、保険料と保険の充実度が必ずしも一致するとは限りません。

 

ダイレクト型である保険会社の保険料が安くなる理由は、経費を削減しているところにあります。削減対象が保険内容ではなく、代理店との契約手数料や店舗の維持費用などに使われていない分、安くなっているのが主な理由です。

 

世の中、お値段と質は比例する傾向にあります。しかし、自動車保険の場合、保険料が安いからといって、補償内容などの質が落ちるとは一概には言えません

 

三井ダイレクト損保で入っておきたい3つの保険は?

 

誰しも安さを求めてしまうことは自然なことでしょう。しかし、保険料の高さが理由で、外すことへの危険性を理解しておく必要があるのが自動車保険です。

 

 

プランの一部である節約型というには、ある条件下でないと補償すらしてくれない場合があります。保険に入るメリットは、自分では補えない莫大な損害賠償金を保険会社側に負担してくれることにあります。

 

保障内容が広い分、お値段が高くなってしまうのは自然なこと。しかし、他社と比べると、三井ダイレクト損保は保険料の安さが魅力です。

 

月々の負担の少ない三井ダイレクト損保の特徴を活かして、広い範囲の補償をしてくれるプランを選ぶことをおすすめします。

 

中でも対人賠償保険・対物賠償保険・人身障害保険の3つを含めた加入は推奨です。そして、金額設定は無制限がおすすめです。

 

事故時の優先順位とは?

 

ダイレクト型の自動車保険は、リーズナブルです。一方で、「万が一の、事故対応における、損保側の対応がいまひとつ」という評判を聞いたりもします。しかし、事故時の適切な手順は、事故に関与した相手側の救助が第一優先です。そして、第二優先が保険会社ではなく、警察であることがポイントです。

 

警察というのは、適切な交通整備や緊急事態への処理が上手なプロフェッショナルです。また、これらを日常的に行っていることから、経験もその場の柔軟性も、保険会社より優れているケースが考えられます。

 

相手側への救護後は、警察に連絡し、まずはそこで指示を受ければいいのでは?と思うのが私の考え方です。事故時の対応で保険会社側に求めることは、事故後の請求だけで満足するべきでは?と考えます。

 

 

三井ダイレクト損保のような保険料の安さが魅力のダイレクト型自動車保険は、安さに比例する形でサポート体制への充実性が疑問に思われる人もいらっしゃるかもしれません。しかし、保険会社に求める大事なポイントは払いきれない損害額の穴を埋めることにあります。あくまでも私の持論になりますが、これらの考えを参考に、自動車保険選びを考えてみてはいかがでしょうか?
ws642

 

三井ダイレクト損保

https://www.mitsui-direct.co.jp

 

お問い合わせ

0120-312-405

商品一覧

商品詳細