スポンサードリンク

 

最近では、Windows以外のPCにも標準搭載がされていることがあるOutlook。普段、使い慣れているメール操作をしているがゆえに、Outlookの魅力を気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、Outlookを使い始める際に必要なメール設定の画面において、出てくる分かりづらい専門用語を解説していきます。

Outlook

Outlook2016とは?

 

Outlook2016とは、マイクロオフィス社が提供しているメール管理ソフトになります。メールの作成、送受信以外にもフォルダ分けや迷惑メールリストなどの機能も搭載されています。

 

中でも便利だと思えるところは、Wordで作成した書類、Excelで作った名刺や宛先リスト、Powerpointで作ることができる説明会や講演会などに必要な資料などの書類データを、複数の宛先に一括送信できるのが魅力で、仕事やプライベートで使う一般的なソフトとの相性が最も高いメール管理ソフトがOutlookと言えるでしょう。

 

また、メール管理以外にもスケジュール表やタスク管理もできることから、人によってはOutlook1つで生活や仕事の管理ができてしまうのも魅力です。

 

POPとIMAPの違いとは?

 

パソコンを使い慣れていない人からすれば、専門用語が分かりにくいことは仕方のないことです。ここでは、Outlookのメール設定において、理解しておきたいPOPとIMAPの違いについて説明しています。

 

POP

POPとは、Post Office Protocolの略であり、サーバーに存在するメールをパソコンなどの端末で管理することができるシステムのことを指します。メリットは、Outlookを使用したメール管理ができるという点でメール送信や受信、フォルダ分け操作などを便利に使うことができるようになり、個人で1台のパソコンを所有している人におすすめです。

 

IMAP

IMAPとは、Internet Message Access Protocolの略であり、会社が扱うことが

多いシステムです。POPとは異なり、サーバー上でメールを管理することから複パソコンなどの複数の端末機器で受信メール見ることができたり、メール操作をすることができるようになっています。

 

結論としては、法人ではない限り、ほとんどの人がPOPを選択して、メールの管理がしやすいOutlookを使用することになるかと思います。その他にも暗号化方法やポートといった専門用語が出てきますが、チェックを入れたり、入力できればその後の機能に困ることはないと思いますので、割愛します。

 

Outlook2013との違いとは?

 

以前までOutlook2013を使用していた人やメール管理ソフトの選択で迷ったゆえに、他のメールソフトを使っているが、今のOutlookの充実性が気になる人にとって、どのような変更点があったかどうかは気になるもの。

 

Outlook2013から2016に切り替わった際に変わったことは、ぱっと見では画面の色ぐらいですが、Micro Office全体で見ると、便利化が図られたことは確かなことです。操作性や連携性、ネットワーク性において向上が見られたのがMicro Office2016となります。

 

日頃の生活でExcelやWordを使っている人。もしくは、共同作業にてMicro Officeのソフトをよく使う人は連携が取れるOutlook2016へのバージョンアップもしておくこともおすすめです。


スポンサードリンク

 

いかがでしたでしょうか?普段、WordやExcelを使用している人は、便利なメール操作ができるようになるOutlookはおすすめです。是非この機会に時間のある土日を使って、標準搭載されているOutlookの魅力を確かめてみてはいかがでしょうか?

 

ws641

 

Outlook

https://www.microsoft.com/ja-jp/outlook-com

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧