スポンサードリンク

 

スポーツカーとしても親しまれる、スバルのインプレッサ。一見、スポーツカーと聞くと、少し尖った車種なのでは?という偏見を持ってしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、スバルのこだわりは早い走りを彷彿させる外装やエンジンだけではありません。今回は、スバルのハイブリットが誕生させた魅力をピックアップしていきます。

スバル ハイブリット

スバル インプレッサの評価

 

自動車メーカーであるスバルより、1992年に販売を開始したインプレッサ。通称、インプ。スバルの中では、低価格で庶民的な車種でありながらも、セダンであるレガシーの下位モデルとして今尚、親しまれています。

 

そして、インプレッサの中でも上位車種に当たるものは、パトカーとしても使われているぐらい、社会的にも走行面にも定評のある車という位置付けになっていることが伺えます。

 

また、スポーツ車としての人気も誇り、あの「WRX」も元を辿ればインプレッサであったことから、数々の派生元となったスバルの元祖とも言える車種がインプレッサと定義することもできます。

 

ハイブリットがもたらしたインプレッサの操作性は?

 

ハイブリットと聞くと、エコカーならではの低燃費車としての魅力が搭載されているように思えてしまう現代の車にはない、違う要素がインプレッサのハイブリットには秘められています。

 

それは、ハンドリングに対する軽快な操作性です。このハイブリットに対する考え方はスバル社が生み出す車の特徴であるとともに、車作りの工程におけるコンセプトにもなっています。

 

つまり、スバルを選んでおけば、自ずとドライブを、より楽しむことが可能となり、ストレスフリーを実現させることができるようになります。

 

実際に、休日などで車を運転することを趣味としている人にスバル好きが多いのは、このドライブへの心地よさを実現させる機能面を車選びで重用視した結果なのかもしれませんね。

 

ハイブリットがもたらしたスバルの静寂性

 

従来の車にはない、ハイブリットがもたらした近年のスバル。ハイブリットの魅力は、心地よいドライブの実現のみならず、様々な機能面にも良い影響を与えているようです。

 

ハイブリットによって、進化したもう1つの特徴を挙げるのであれば静寂性です。特に、新しく車を乗り換えてから、慣れてきた際に感じてしまうエンジン音をストレスだと思ってしまう人は多いみたいです。静かで安心できる、運転者以外の人達にも、ストレスフリーを実現させるのもインプレッサの魅力と言えます。

 

また、静寂性をもたらしたエンジンの構造のみならず、内装には遮音効果に期待できる吸音材が使用されていたり、とにかく静寂性へこだわったモデルチェンジが行われたのがインプレッサの魅力です。

 

いかがでしたでしょうか?ドライブへの楽しみが増す、スポーツカーでありながらも様々なところでストレスフリーを実現させるスパルに1度は乗ってみたいと思いませんでしたか?是非、車選びをする上で参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

ws641

 

スバル


スポンサードリンク

https://www.subaru.jp

 

お問い合わせ

0120-052215

コメントを書く







コメント内容


商品一覧