スポンサードリンク

 

様々な保険を扱う日本生命。今回は、日本生命ならではの学資保険をお選びするメリットや気になる積立額の目安。そして、融通の効きやすい日本生命における受け取り期間について紹介していきたいと思います。

240_F_133779720_SfrEzkaa3RKzkjNi128pHFnv2woVUdCm

 

日本生命 学資保険

 

貯蓄率や保証内容と様々な観点から選ぶことになる学資保険。日本生命であえてそんな学資保険を選ぶメリットは、一言でいえば受取時における融通の利きやすさだと思っています。

 

そこで気になる日本生命の学資保険。気になる加入条件は6際未満となっており、2歳未満ですと利率が良くなることのみならず、お祝い金も受け取れるのもポイントとしてあげることができます!

 

そして、日本生命ではライフプラザと呼ばれる現地における窓口も全国各地に配置されていますのでより具体的な相談がしやすい魅力も備わっていると言えます。

 

日本生命 学資保険の気になる積立額の目安は?

 

ここでは、6歳未満のお子さんを抱える30大前半の方の一般的な積立方式で述べていきたいと思います。

 

この年齢の方ですと、月々に積立を行う目安額は、およそ13,000円ぐらいが目安になります。これは、子ども手当などのその他の家計も考慮した上での数値になりますので無理のない平均的な積立額と言えるでしょう。

 

そして、お支払いに関しては月払いのみならず、一括もしくは年払いもできるようになっていますので、利率が良くなる年払いの方が最終的には受取額も大きくなるのもポイントと言えるでしょう。

 

そして、もしあなたが2才未満のお子さんを抱えている場合でしたら、お子さんが小学校・中学校に入学される際には20万円以下のお祝い金として受け取ることが可能で、据え置きにしておくことも可能になっています!

 

そして、10年間の積立で途中解約さえしなければ、元本保証のある学資保険としても利用できる魅力もありますので損のない積立ができるのも日本生命の魅力と言えるでしょう!

 

日本生命の学資保険 融通が利きやすい気になる受取期間とは?

 

そんな日本生命の学資保険で積み立てた額は、10年で概ね先程紹介した積み立てた額であれば合計で300万円を受け取るのが一般的です。

 

そして、もう1つ一般的なことをあげるのであればお子様のご年齢です。基本的にはどこの学資保険も18歳と決められた枠内での受取に対して日本生命の場合ですとこの受取の期間に融通が効くのがメリットとしてあげられます!

 

概ね、300万円の受取ですと、最初の受取は大学入学時における100万円。その後は50万円ずつの受取になるわけですが、あなたのお子さんが受験される大学入試次第ではこの入学金のお支払いが早くなることが想定されるかと思います。

 

具体的に言えば、AOや推薦入試などです。正直この先、10年後の入試制度に関してはいかなるものになるかは、誰しも不透明ではありますが、この入学に関する学資保険としての先払いに関しては、日本生命側は約束してくれることでしょう。

 

つまり、入学の際にかかるであろう費用の支払い期間のことでお子さんの試験選びで迷う心配がない見方もできますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

 

 

以上で日本生命を例に学資保険の積立を行う上で知っておきたい目安やポイント。そして、日本生命自体の他社にはない優位性の紹介をさせていただきました。

あなたも先の未来の融通が利きやすい日本生命で学資の積立を行ってみてはいかかがでしょうか?

 

ws641

 

日本生命

http://www.nissay.co.jp

 

日本生命 学資保険に関するお問い合わせ

0120-201-021

コメントを書く







コメント内容


商品一覧