スポンサードリンク

 

ビルや会社によっては、エントランスや各部屋に入る際に何気なく普段かざしているセコムのセキュリティカード。今回は、そんなセコムを自分自身のご自宅へ導入するメリットや気になる費用について紹介していきたいと思います。

 

240_F_57879871_pAob1tqY4swb9YXrdpAntwmwE1qDe3DJ

 

セコムの金庫 キャビネットタイプ

 

一見、家の中だから大丈夫と思いつつも、空き巣の本当の狙いはあくまでも家の中にあることが想定できるかと思います。そんな狙われやすい金銭の保管場所として活用できる金庫。

 

セコムで販売されている金庫はキャビネットタイプと呼ばれるものが人気を集めており、小型ならではデメリットとしてあげられる、持ち運ばれてしまうリスクもベースボードの設置により、床と一体化した金庫として利用できる強みがあるため金庫ごと持ってかれてしまう危機感もありません!

 

また、本来のセキュリティー性のみならず、このキャビネット式の金庫は、引き出しの仕様がキャビンになっていることからあなたの大事な書類などの保管にも便利で金銭のみならず現物における個人情報の記載のある大事な書類もこの金庫1つで守られるようになっています。

 

セコムの窓際のセキュリティー

 

元々、セキュリティーに強いマンションや戸建てにおいては、玄関における二重ロックが一般的になりつつありますが、特にこの暑い季節においてはベランダの窓を明けたくなる日もあったりして窓際からの空き巣の侵入も考えられることでしょう。

 

そこで話題を集めているのは窓際のセキュリティーです。この窓際のセキュリティーは、金庫同様に感知センサーによるホームセキュリティーが用いられており、窓際に関して言えば、外側のみならず内側におけるセンサーも人影に感知するようになっていますので二重で監視されているのが強みと言えます。

 

しかし、窓を割られてしまった際はセンサーこそは作動するものの、数秒で空き巣に逃げられてしまったら本末転倒ですよね?

 

そんな対策にセコムでは、センサーの導入のみならず窓自体における安心ガラスや防犯フィルムの施された窓にすることでより、セキュリティーの強いご自宅へ変えることもできるようになっています。

 

セコムの気になる費用は?

 

さて、ありとあらゆる被害を想定した対策のできるセコムの導入によってどれくらいの費用がかかると思われますか?

 

実はセコムの防犯対策セキュリティーは、システムやその防犯グッズの大きさによってお見積もり時におけるお値段にばらつきが出てきます

 

ここでは、必要最低限な費用でまとめていきたいと思います。気になる冒頭で紹介した金庫は、1番安いタイプでキャビネットタイプの12万円になります。

 

そして、持ち運び防止におけるアンカー固定、ベースボードの設置で2万円弱の追加費用。そして、実際に導入してもらう際の持ち運び費用で2万7千円程の費用が発生することになります。

 

続いては、窓際の防犯対策における費用です。気になる窓際のセキュリティーはセンサーが用いられることになりますので導入ではなく、レンタルサービスにおいて月額6,800円程の費用になります。

そして、実際のセンサーを設置するための工事費が6万円。5年契約における保険料が2万円になっています。

 

一見、これらの高くみえてしまう設置費用もこれ1つであなたの大事な個人情報の記載のある書類や通帳、クレジット類などが守られることを考えれば無駄ではないことに気づかれると思います。そして、気づいた時には既に負債、2度と戻ってこないであろうあなたの大事な宝物からも守ってくれる魅力と安全があるのもセコムです。

 

そんな、最新のセキュリティー技術の搭載が確認できるセコムの導入をあなたのご自宅へ検討されてみてはいかがでしょうか?

 

以上でセコムにおける今話題の金庫と窓際のセキュリティーについて紹介させていただきました。あなたもセキュリティー契約数で堂々たる1位を獲得しているセコムでお家の安全をより強化してみてはいかがでしょうか?

 

ws619

 

セコム

https://www.secom.co.jp

 

セコム 金庫や窓際の費用などに関するお問い合わせ

0120-025756

 

商品一覧

商品詳細