スポンサードリンク

 

あなたは確定申告拠出年金という年金制度をご存知でしょうか?この年金制度は、あなたが普段使っている金融機関の窓口でも利用することが可能で、大きな節税効果を見込めることから個人で会社を経営されている方なんかにもおすすめと言えます。

 

そこで今回は、気になる確定申告拠出年金(個人型)のメリットと利用する際に知っておきたいデメリットについて紹介していきたいと思います。

240_F_113546349_jBDB5a3CYn1uK0ybDfQMaTAFWQAQbfWA

確定拠出年金とは?

 

気になる確定拠出年金とは、一言でいえば積立金制度のことを指します。同じような類いのものに小規模共同共済があげられます!

 

今から紹介する個人型確定拠出年金は、企業型の確定拠出年金も存在するゆえに企業に務めている方もご存知かもしれません。

 

つまり、積立年金という都合上、会社側のみならず自分でも積立ができるという存在にあるのが個人型確定拠出年金という位置付けと言えるかと思います。

 

確定拠出年金 個人型のメリット

 

そんな、個人型確定拠出年金の大きなメリットは、あなたがこれから積み立てることになる資金全額が所得控除の扱いになるという点です。

 

つまり、可能な限りこの積立金として、資金を年金にしてしまえば、税率が適用されず上手な節税方法をして見込めることになります。

 

気になる積立額は、実はあなたがこれから利用する窓口や金融機関によって異なりますが、概ね月々の限度額は5,000〜68,000円のところが多いと言えます。

 

具体的な窓口をあげるなら、三井住友銀行をあげることができますが、オンラインでのお取り引きなら三菱東京UFJやゆう貯銀行でも利用することが可能になっています!

 

これらの、金融機関で月々の積立で年間最大で約80万円の節税対策ができるのがこの個人型確定拠出年金の大きなメリットと言えるでしょう!

 

確定拠出年金 個人型のデメリット

 

そんな、所得控除が受けられる積立金にもデメリットが存在するため、目先のメリットのみならず計画的に積立を行っていく必要があるのも個人型確定拠出年と言えます。

 

気になる確定拠出年金のデメリットは2つです。1つは、年間で5,000円程の積立費用(維持費)が発生するという点です。

 

この観点から、月々に設定できる積立額は大きい方が得すると言えるかと思いますが、全額における控除が適用される魅力あふれる積立金制度になっていますので必要経費だと思って割り切りましょう!

 

そして、2つ目は、積み立てた資金は、60歳になるまで引き出せないという点です。つまり、確定拠出年金とは、積立金という名の年金なのです。

 

しかし、積立途中においても掛け金を投資信託で運用することが可能で、そこで得られた利回りの額も非課税の対象になりますので合わせて参考にしてもらいたい部分になります。

 

 

以上で確定拠出年金の魅力やメリット、デメリットについて紹介させていただきました。

また、この節税効果が得られる確定拠出年金を受け取る際は、税制上の優遇処置としてあなたが普段お務めしている企業からもらうことになる退職金と同じ扱いになりますのであなたも老後に備え、是非ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

ws646

 

商品一覧

商品詳細