スポンサードリンク

 

毎日使っている電車における通勤や通学で1つでも手間になる作業を減らしたいと思うことはとても自然なこと。

 

今回はあなたが普段利用している改札機をスムーズに利用することができるオートチャージ機能が搭載されたビューカードの魅力やオートチャージの設定方法。気になるゴールドカードの存在について紹介していきたいと思います。

240_F_118721050_ZUa7ZMaXzsdkqYAGcQbznrV1sXsyxMOM

ビューカードのメリット

 

ビューカードを持つメリットは、Suicaカードにおける定期情報が組み込まれたカードとして利用できる点です。

 

そんなビューカードは、クレジットカードとしてのSuicaカードという位置付けになりますので、残高がなくなってしまった際に役に立つ自動チャージ(オートチャージ)が利用できるようになるのが大きな魅力です。

 

つまり、あなたの日頃の通勤や通学時において逐一、改札機において現金によるチャージをすることなく電車に乗れるのがメリットと言えます。

 

また、このカードを受け取った際に予め設定されてあるオートチャージ金額も後々、変更することも可能になっています。

 

気になる初期段階においては、残高1,000円未満で3,000円のオートチャージがクレジットとして引き落とされるようになっていますのであなたの通勤手段や行き先に応じてこのオートチャージ金額の変更をするようにしましょう!

 

ビューカード 気になるオートチャージの変更場所と注意点

 

そんな気になるオートチャージ額の変更場所と設定方法についてここでは紹介したいと思います。

 

気になるオートチャージが利用できる場所は青緑で視覚的にわかりやすいビューアルテと呼ばれるatmのようなところになり、JRにおける主要ターミナルと認知されている東京・渋谷・新宿のような比較的大きな駅だとこのビューアルテの設置箇所が2箇所あったりしますので便利な利用先として評価することができます。

 

そんな、気になるオートチャージに必要なものは、お手持ちのビューカードと暗証番号のみで、1,000単位で1万円までのオートチャージ額の設定ができるようになっています。

 

また、このオートチャージ額の設定を施せるビューアルテの設置自体がないJRの駅も中にはあるのが注意点として挙げられ、オートチャージ額の変更ができる場所もビューアルテ以外の手段はないことも合わせて覚えておくようにしましょう!

 

ビューカードの気になるゴールドカードと年会費

 

Suicaカードに対して、オートチャージなどの定期情報を入れられることを前提にあえてビューカードのゴールドカードを選ばれるメリットをここでは紹介しておきます。

 

気になるゴールドビューカードを選ぶメリットは、このカードに対するご利用額が大きい方になります。

 

つまり、利用限度額の幅が広いが故にあなたの日頃の通勤をこのゴールドのSuicaカードとして改札口を通られるのであれば、それ以外のショッピングにおいてもこのカード1つで使いこなせるようになるのが魅力です。


スポンサードリンク

 

しかし、あえてこのゴールドカードのデメリットを1つ挙げるなら年会費として毎年における1万800円のお支払いが前提になっているという点です。

 

また、他のカードとの年会費と比較するとこの額は破格で一般的なビューカードの年会費はわずかに515円。

 

その他のルミネカードやビックカメラに関しては初年度無料で後者に関しては1度でもご利用があれば翌年も無料になることからこの年会費という観点で選ぶのも1つの大きなポイントになりそうです。

 

 

以上でクレジット機能が搭載されたSuicaカードとして知られるビューカードの魅力やオートチャージ。そして、気になるゴールドカードの存在と他のビュカードとの年会費比較をさせていただきました。

あなたも生活のメインとも言える通勤・通学時においてこのビューカード1枚で身の回りのライフスタイルにおいて活用されてみてはいかがでしょうか?

 

ws619

 

 

ビューカード

https://www.jreast.co.jp/card

 

ビューカード ゴールドや年会費などに関するお問い合わせ

03-6685-7000

コメントを書く







コメント内容


商品一覧