スポンサードリンク

 

ヤフーファイナンス

相場分析において存在するテクニカル分析とファンダメンタル分析。今回はヤフーファイナンスを活用した後者であるファンダメンタル分析による株価予想と便利なモバイルアプリケーション。及び予め知っておきたい豪ドルの特徴について紹介していきたいと思います。

 

ヤフー ファイナンスの株価予想

 

金融にまつわる様々なコラムを扱うヤフーファイナンス。中でも私がおすすめしたいのがプロが選ぶチャンス銘柄と呼ばれる記事です。

 

この記事の特徴は、予めプロの専門家による銘柄予想がされているため信憑性が高く、誰でもできる後付けではないコラムということもあり今後の値動きを予測するのに非常に優艶な情報を得ることができるようになっているのがいいところです。

 

しかし、無数にある銘柄の予測ということもあり、1つ1つの銘柄の特徴を知って理解していては誰しも気の遠さを感じてしまうもの。

 

そこで私がおすすめしたいのはセクター毎による学びです!セクターとは同業者の塊のことを指し、例えば自動車産業で言えばトヨタやホンダ。銀行で言えば三井住友フィナンシャルや三菱UFJと個別ではなく1つの群として大まかな情報を捉えることがファンダメンタル分析上達への近道と言えます。

 

ヤフー ファイナンスの便利なアプリケーション

 

今後の株価の動向を調べる上で基本的にはパソコンを使って調べることが一般的かもしれませんが、実はヤフーファイナンスではアプリケーションとしての提供がされているのも便利なところです。

 

つまり、帰宅後や休日以外の通勤の合間やお昼休み中でもスマートフォンからヤフーファイナンスを閲覧することができるため、自由度が高く時間を選ばないのもいいところとして挙げることができます。

 

また、パソコンによる閲覧よりも見える画面における広告数も少ないため、初心者にとっても見やすく、必要な情報だけが閲覧できるフィルタリング機能の搭載があるのもヤフー ファイナンスのアプリケーションのいいところと言えます!

 

ヤフー ファイナンスから学べる豪ドルの2つの特徴

 

株価のみならず外国為替に関するコラムも扱うヤフー ファイナンス。最後に紹介しておきたいのがあまり触れられることのない豪ドル(オーストラリアの通貨)を予想する上で知っておきたい2つの特徴について紹介しておきます。

 

まず1つ目はスワップ金利が高いことです。例えば、金利の低い日本の通貨との組み合わせであるオージー円を選ぶことによりこのメリットが生まれ、比較的連動しやすい豪ドル関連の通貨ペアのいずれかを選ぶ基準として採用できるところが主な活用方法になります。

 

そして、2つ目が資源国通貨ペアであること。あなたは一昔前に発生したオイルショックをご存知でしょうか?このオイルショックによって日本の株価に打撃を与えたことは有名でもありますが、これは日本が消費者国であった故な話しであって、実は原油や石炭のような資源を輸出しているオーストラリアには逆に打撃がありませんでした。

 

つまり、消費者国通貨である日本の円やアメリカのドルが資源に関連した値下がりが発生していても豪ドルのような資源国通貨は逆に値が高くなっていることがある点については知っておいて損のない情報と言えるかと思います。

 

以上でヤフーファイナンスにおけるおすすめコラム、及び便利なアプリケーションと豪ドルの値動きの特徴について紹介させていただきました。あなたもヤフーファイナンスを活用し、ファンダメンタル分析への磨きをかけてみてはいかがでしょうか?

 

 

ヤフー ファイナンス


スポンサードリンク

https://finance.yahoo.co.jp

 

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧