スポンサードリンク

 

NAVITIME2

電車への乗り入れや乗換に便利な検索アプリにNAVITIMEがありますが、ここでは基本的な操作範囲における乗換以外の観点でNAVITIMEを活用できるおすすめの方法を紹介していきたいと思います。

 

NAVITIMEの特徴

 

NAVITIMEとは電車のみならずバスや道路情報と何か1つに特化したアプリケーションとしてのみならずありとあらゆる交通機関における案内アプリとしてインストロールしておくメリットがあります。

 

そんな交通網における案内アプリの主な特徴は目的地までの案内が一般的でこれさえ利用できればどんなアプリでもかまわないと思う方は多いはず。

ここでは電車のご利用時においてあえてNAVITIMEを選ぶからこそ実現できる活用方法について紹介していきたいと思います。

 

NAVITIME活用方法

 

いつもの通勤なら、もはや入社してから1週間せずとも乗換や時刻に関していえば困る事はなくなってくる乗換アプリも出張や外出先によってはいつまで経っても貴重品のように重宝できるNAVITIME。そこで肝になるNAVITIME活用方法は2つです。

 

1つは、最安値ルートにおける検索表示です。いくら自費でなく運賃において会社持ちとはいえ、領収書が必要になっているのはどこの会社にも共通するマナーのように思えます。そこで便利になるのはこの最安値ルートの検索結果をそのままメール送信できる機能にあります。

 

どのアプリにもこの最安値ルートにおける案内表示はあって当然の機能ですがそれをメールで活用できるアプリケーションはあまり見当たらないはずです。

 

 

そして2つ目が乗り過ごし防止策として使えるアラート機能です。これは先程紹介した例外区域における活用法のみならずいつもの通勤や通学でも活用できる機能でこれがあることにより安心した眠りの時間も電車内で過ごすことも可能で何かに熱中できる作業毎を車内でやっている方にもおすすめで設定次第で1つ・2つ前の駅でアラートを作動させることができますのでイヤホンから流れ出る音1つで降車できるようになるのが魅力と言えます。

 

NAVITIMEの利用時の注意点

 

そんな電車における目的地検索に一助するNAVITIMEを利用する注意点は無料版において検索結果として表示されていれば文句のない途中駅の表示機能が含まれていない点です。

 

人によっては車両毎に配置されている頭上に貼られる路線図で確認できますが。必ずしも左右両方に貼られているとは限らず、満員電車における混雑状況次第では確認できず特に知らない場所や初めて乗り入れした路線においては不安だと感じてしまう方には不向きかもしれません。

 

しかし、NAVITIMEにおける有料版にあって無料版にないものは必ずしも不可能な機能としてではなく、例えば先程紹介した事例ならば駅のプラットフォームにいる段階で調べることもできますので実用的には無料版で問題ないと言えるのもNAVITIMEを選ばれるメリットにもなります。

 

 

以上でいつもの通勤やそうではない出張時においても活用できるNAVITIMEをお手持ちのスマートフォンでインストロールしておくメリットについて紹介させていただきました。上記で挙げた活用法をあなたも参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

ws606

 

 

NAVITIME


スポンサードリンク

https://www.navitime.co.jp

コメントを書く







コメント内容


商品一覧