スポンサードリンク

 

ウイルスバスター

悪質な被害メールに対して無視していればそれで大丈夫と思っている方はいらっしゃいませんか?実はそんなメールが届く時点であなたの個人情報が密かに奪われてしまっている可能性があります。今回はそんな被害から身を守ることができる気になるウイルスバスターの特徴と役割について紹介していきたいと思います。

 

ws606

 

ウイルスバスター

http://safe.trendmicro.jp

 

ウイルスバスターの特徴

 

数あるネット被害への対策ができるウイルスソフトの中でもよりマルチにより幅広い悪質なサイト被害から守るためのデバイス強化として利用できるのがウイルスバスターの特徴と強みです。

 

そんなウイルスバスターではこちら側の意図でアクセスすることによって発生する悪質な被害からの防衛のみならず相手側からの侵入時における悪質被害への対策も万全でキー入力の暗号化やキーロガーによる悪用も外に情報が出回ってしまうというリスクを避けることができるようになっています。

 

ウイルスバスターの活用方法

 

そんなセキュリティー対策の施すことができるウイルスバスターを活用してもらいたい気になるデバイスはパソコンではなくお手元のスマートフォンです。

おそらくほとんどの人がパソコンよりもお手持ちのインターネット環境の使えるスマートフォンからのアクセスのように思えます。

 

そんな、日頃のショッピングやメールをスマートフォン1つで便利に使いこなしている方にウイルスバスターはおすすめです。

 

しかし、スマートフォンには関係ないのでは?と思われている方は多いかもしれませんが同じインターネット環境を用いたプラウザーからアクセスしている以上、理論上はパソコンもスマートフォンも同じと言えますので決してスマートフォンだからといって油断ができないのが最近の詐欺被害の特徴でもあり、傾向でもあります。

 

ウイルスバスターで対策 気になる最新の詐欺被害リスト2選

 

あなたは具体的に詐欺被害として報告されている1つ1つの事例を説明できますでしょうか?ここではウイルスバスターで防げる最新のフィッシング詐欺2選を紹介しておきたいと思います。

 

Wi-fi

便利なスマートフォンからインターネットをよく利用しているあなたは、速度制限を恐れるあまり、できるだけ接続できる場所ならWi-fiにつないでおきたいと思う方も多いはず。

 

しかし、そんなWi-fiにおいても詐欺は存在します。Wi-fiを接続する際に選べるルーターリスト。ここに表示される複数のルーター名の中に詐欺Wi-fiが含まれていることが稀にあります。偽の名前としてリストアップされている詐欺Wi-fiの特徴は、同一名称です。

 

通常、同じルーターがリストアップされる際はルーターの名前の後ろに数字が割り振られており識別できる仕組みになっていますが詐欺Wi-fiには数字が割り振られていないのが最大の特徴で、接続時においてリストアップされるルーターの名前が2つ並んでいた際は細心の注意が必要で接続してしまった際は個人情報が抜き取られる被害に見舞われることになりますので注意が必要です。

 

 

通信販売

これはショッピングしたことがある人は詳しい人も多いのではないでしょうか?例えば、インターネット検索によって欲しい商品が見つからない。

 

もしくは在庫切れな故にありとあらゆるページを徘徊しやっとの思いで在庫先を見つけてしまった際は注意が必要なパターンでそのサイトは偽サイトの可能性があります。

 

偽サイトの特徴は、お目当て商品に利用されている写真やサイズ等の細かな詳細も公式サイトと非常に似ており購入完了後の振込に関するメールがやたらとしつこいのが特徴でメールの文章で文脈の合わない記号が含まれた文章で送られてくるのが特徴ですので十分に注意する必要のある詐欺被害と言えます。

 

 

またこの被害の多さあまりに正規サイトにおける海賊版・偽サイトへの注意換気が促されている公式サイトが多いのも事実です。あなたもこれらの詐欺被害によって致命的な災難に見舞われてしまう前にウイルスバスターの導入をこの機会に検討するのも悪くないかもしれません。

 

 

 

 

 

商品一覧

商品詳細