スポンサードリンク

 

英検

英検を学ぶ上で大事な英単語の暗記こそはスムーズにできる人も多いかと思いますがそれを覚え続けておくことに対しては苦手意識のある方は多少なりともいらっしゃるはずです。そこで今回は覚えかけた英単語をより脳に定着させる方法2選の紹介しておきたいと思います。

 

英検 英単語を覚える

 

勉強するに当たって、人によって暗記方法はまちまちと言えますが、記憶に関しては言えば共通しているものがあるかと思います。それは何度も同じ情報に出くわすということです。

 

あなたは決して平日において何度も通っている学校の場所や生活の支えとなっている会社の名前を忘れてしまうなんてことはきっとあり得ないはずです。

これは何度も同じ情報に出会っていからといえ、脳が生きていく上で大事な情報なんだと勝手にインプットされるからなのです。

 

つまり覚えかけた英単語も何度も出会うことによって当たり前にしていくことができます。

そんな繰り返しによって記憶への定着を促すおすすめ暗記術2選を紹介したいと思います。

 

英検 日常で意識したいこと

 

せっかくの思いや努力で覚えた英単語も忘れてしまっては本末転倒です。そこで記憶にとどめるおすすめ1つ目は日常との照らし合わせです。

例えば、通勤や通学最中に目の当たりにする1つ1つの物を頭の中で英単語に置き換えて連想させることです。

 

街中を歩いているなら道路はavenue、住宅はhouseと当てはめていく記憶定着法です。

実はマウンドから放たれる投球を速いと感じたことのないイチロー選手は幼い頃、次々と道路を走る車のナンバープレートの数字を足し算、時にはかけ算と算数を勉強するのと同時に洞察力も磨いていたというエピソードがあります。

 

あなたも机の上のみの学習のみならずありとあらゆる日常で学びを活かす事がさらなる脳への定着を促す脳作りに寄与できることが言えます。

 

英検 睡眠前に意識したいこと

 

2つ目の紹介は睡眠前における過ごし方への一工夫です。また、この時間帯における暗記は記憶におけるゴールデンタイムとも呼ばれ24時間の中における1番覚えやすい時間帯と言われています。

 

しかし、人によって自宅に戻ってからは何もせずにリラックスしその後の眠りに直ぐさま入りたいと思う方も多いはず。

 

そこでおすすめなのが寝落ち寸前における英単語の関連づけです。例えば始めがsleepならsleep(眠る)→dream(夢)→realize(実現する)→happy(幸せな)と直前の英単語に関連する英単語を次々に連想させていく方法です。

 

また、人は最後の記憶が1番印象に残りやすいもの。生活における最後の時間帯ということもあり記憶への相乗効果への期待もできますのでこの機会に試してみて下さい。

 

 

以上で誰でもできる記憶への定着方法の紹介をさせていただきました、より記憶への定着によって本番での試験でもスムーズに何だっけ?と思うことなしに活用できることが期待できますのでよろしければ活用にしてみて下さい。

 

 

商品一覧

商品詳細