スポンサードリンク

 

Office365

ビシネスにおいては共有や共同作業の面で効率化を図ることは常識のように思えるこれらの連携に便利なクラウドサービスとして利用できるものにOffice365がありますのでこの機会に紹介しておきたいと思います。

 

Office365とは?

 

誰もが始めは気になるMicro Office製品に思えるOffice365。タイトルにもある通り、実は製品やソフトウェアの名称に思えるOffice365は実はプラン名のことを指しています。

 

私たちが日常で利用しているWordやExcelは有料でありながらもその後は一切費用の発生しない費用効果の高い作業系ツールとしての活用やビシネスが行なえていますがこれらの作業系ツールの月額制におけるソフトにつけられる名称という位置付けにあるのがOffice365になります。

 

Office365のいいところ

 

そんな月額制と聞くと興味を無くしてしまいそうになるOffice365のメリットは持続性です。WordやExcelは導入さえすればその後の費用は一切かかることなしに保存したファイルもUSBメモリに保存しておけば問題ないですがソフト自体はパソコンの故障とともに復元されることはありません。

 

しかし、Office365はクラウドサービスになりますので万が一パソコンがいかなる理由や事情で壊れても大切なあなたのデータが生き残ることになります

 

さらに、クラウドサービスとして利用することにより2台目のパソコンへの導入もすることが可能でさらにテクニカルサポートも終始利用していけるためリスクに強いソフトとして選ばれるメリットが生まれます。

 

また、バージョンアップに伴う最新版への以降もこのOffice365に含まれているため長期的な視点で利用するならお得に利用していけるのがこの365Officeのメリットと強みになります。

 

Office365の気になる料金プラン

 

つまり、クラウドサービスとして単一のWordやExcelとしてではなく、これら含めたパッケージのような存在に当たるMicro Office系ソフトの集積とも言えるOffice365 soloにおける気になる料金は月額で1,274円と割安のように私は思えます。

 

また、1時間に単位でのSkypeにおける通話料金も無料でパソコンが壊れる度に導入することでバージョンのムラが出るリスクも抑えることができる会社への導入を考える方が多いのもこのOffice365の特徴及び安さ選びで納得のいく商品だと評価することができます。

 

 

以上でクラウドサービスとしてMicroOffice製品の集約とも言えるOffice365の紹介をさせていただきました。

また、この手のサービスは個別での販売提供が減ってきている傾向がありますのでこの機会にOffice365を例にクラウドサービスの優位性を探るのも悪くないかもしれません。

 

ws606

 

 

Office365

https://products.office.com/ja-jp/business/office


スポンサードリンク

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧