スポンサードリンク

 

photshop

誰でも美しいデザインの施された広告や自然の風景に目を奪われるといった経験があるかと思います。そんな自然界における美しいとされている風景のような画像へと編集できるソフトウェアにPhotoshopがありますのでこの機会に利用するメリットと活用方法について紹介しておきたいと思います。

 

Photoshopとは?

 

Photoshopとは一言でいえば、画像解析に用いられるソフトウェアになります。例えば、立体感のない通常のお写真や画像における、より陰影や動きのある立体感や鮮明度等をプラスして施すことに一助できるソフトウェアとなっています。

 

そんな通常画像に何か足して美しい写真として手元に残せるのか?と疑問に思われる方も多いかと思いますがこのほんの少しの差で人の見る印象に大きな変化をもたらすのが人の脳というものです。

 

例えば、かつて工場における作業用の衣服として誕生したジーパンも元々は作業着故に綺麗なインディゴとは言い切れない色合いがメジャーでしたが、近代におけるモデル等が着用することが多いジーンズはより青くより白基調に近い濃淡の差が見られるこの手のジーパンは昔において作業着だったとは思わせない上品でエレガントなボトムとして仕立て上がっていることが伺えます。

つまりこの少しの工夫で素朴なデザインをより上品で誰もが振り向く美しい画像として生まれ変えさせることができるのがPhotoshopの魅力です。

 

Photoshopの気になる使い方

 

そんな編集に決めた画像の加工や補正、掃出しができるPhotoshopの使い方はシンプルで例えばワードで使われる元になる文字の装飾や拡大機能として利用することができるリボンのようなものがPhotoshopにも標準装備されていますので画像専用のものとして扱う認識で十分かと思います。

 

ここで元にする画像の選び方におけるポイントを紹介しておきます。実は私たちが撮ることのある景色や人物といった画像はビットマップ形式で保存されているからこそ後の編集が加えられるといっても過言ではありません。

 

これらの画像を拡大すると四角い画素(ピクセル)の集積になっていることがわかります。この画素を粒で例えるならこの粒の細かい写真程、より細かく鮮やかな編集画像へもたらすことを実現し、この実現度を解像度と置き換えることができます。よって選ぶ際は解像度の高い元々の画像が1番編集の効く画像選びとして利用できることになります。

 

また、使い始める段階においてはまずは元になる画像を選択した上でありとあらゆる機能を利用できるタブで一通り模索してみることをおすすめします。これらを繰り返すことによって模索している内に日頃の生活と照らし合わされ上手な画像処理におけるアイデアも生まれたりするものです。

 

Photoshop活用法

 

そんなPhotoshopの身近な活用方法を挙げるなら画像処理です。例えば、何気ない日常や生活においてカメラを持ち歩いていない時に限って写真を撮りたいと思う瞬間が多々ある私生活においてやむえずスマートフォンにおけるカメラ機能で撮った写真の高画質な画像処理への編集が考えられます。

 

つまり、一眼レフカメラのような高度な技術には一歩及ばないスマートフォンで撮影した写真すらも高性能カメラで撮られた写真かのような美しい画像として実現させることができるのがPhotoshopのメリット及び活用方法になります。

 

 

以上でPhotoshopの魅力について細かく紹介させていただきました。あなたもデータとして保存されてある自然風景のような画像をより美しい1枚として仕上げてみるのも面白いかもしれません。

 

 

ws641

 

 

Photoshop

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

 

 

商品一覧

商品詳細