スポンサードリンク

 

イラストレーター

ただ歩きながら何気なく目にすることがあるお店の看板や広告。実はあの制作元に使われているソフトウェアにイラストレーターと呼ばれるものがあります。ここでは気になるイラストレーターの仕様感と利用するからにはこだわりたい絵描きで必要となるものについて紹介していきたいと思います。

 

イラストレーターとは?

 

イラストレーターとは私たちの身近なものとしてインストロールされていることが多いFlash Playerを提供するAdobe社が提供するグラフィックデザインにおける制作ソフトウェアになっています。

 

主にこのイラストレーターでデザインしたロゴや画像等は印刷することによってお店に売られている商品のパッケージや雑誌、ビルなどに貼られている広告などの表紙を作成することができるようになります。

またある程度、熟練した技術があるのであればこれらを扱うマーケティング事業を就職に考えている方も比較的有利な面接を進められることができるかもしれません。

 

イラストレーターの操作方法

 

気になるイラストレーターの操作方法はMicro Officeが提供するPower Pointと特徴が似ていると個人的には思っています。

予め標準装備されている画面右側に表示されるタグを駆使して図形や画像等のグラフィックや元になるデザイン等の挿入をし、デザインなどを模索・作成していくというイメージがわかりやすいかと思います。

 

そして、イラストレーターは、常に進化し続けているという特徴もあります。例えば、最近で言えばテキストや文字の装飾部分におけるフォント強化など常に新しい機能が時を重ねるにつれ増えているということが言え新たなデザインの模索や開発のヒントにもなるのが常に新しさを提供してくれるイラストレーターならではの強みかもしれません。

 

そんなイラストレーターを始めやすい人を例として挙げるなら、日頃から学習面においてPower Pointやデフォルトで搭載されてあるペイント機能における見出しやグラフ等の作成を行なっている人は利用しやすくなっているソフトウェアと評価することもできます。

 

イラストレーター利用時の注意点

 

そんなイラストレーターにはタグの種類こそは豊富で様々なデザインの制作に一助できるだけの用途が便利ですが絵描きにおいては不向きのように思えます。

 

つまり、マウスの都合上あなたが思い描く精密でより緻密な細かなデザインの制作時においては、タッチペンが使えるディスプレイが搭載されているパソコンの方がよりイラストレーターを利用する上では使いやすく、よりオリジナル性で個性のあるロゴやデザインの制作に一助することができるようになります。

 

よって、より自由にあなたのクリエイティブな思考を絵で表現するならタッチパネルが搭載されたパソコンでご利用される方が尚良いと評価することができます。

 

 

以上で気になるイラストレーターの仕様と活用したいディスプレイについて紹介させていただきました。イラストレーターを知ることで身近に貼られてある広告やポスターのデザイン作りの元となるものが理解できるためありとあらゆるものからデザイン作りにおけるヒントも見いだせるようにもなりますのでこの機会にイラストレーターのご利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

イラストレーター

http://www.adobe.com/jp/products/illustrator


スポンサードリンク

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧