スポンサードリンク

 

オンラインストレージ

インターネット上における様々な変換サービスを提供するロジックファクトリー社の1つにメールにおける大容量送信を可能にするオンラインストレージにFirestorageがありますので今回はこのFirestorageの良さと簡単な無料版における操作手順について紹介していきたいと思います。

 

Firestorageの特徴

 

Firestorageとは、大容量ファイルの一括送信が行なえるオンラインストレージとなっています。主に容量が大きく25GBを上回るような動画や画像ファイルの一括送信が行なえる便利なサイトとして利用していけるようになっていのが特徴であり魅力でもあります。

 

また、多くの人がこのオンラインストレージを活用する主な理由として挙げられるのが無料として利用できるところにあり、日常で考えられる範囲内であればFirestorageを利用すれば送信に関して困ることはほとんどないことが考えられますので非常におすすめできるオンラインストレージとなっています。

 

スポンサードリンク

 

Firestorage気になる操作方法

 

URLとして送信先へ送りたいファイルの共有ができるFirestorageは、一見難しめの操作方法をイメージしがちですがアクセスして最初に表示される画面内において操作方法が完結しますのでここでは手軽な操作方法として紹介したいと思います。

 

まずは赤枠内における著作権侵害と違法でないファイルでないことを理解した上でチェックボックスをクリックしていただき保存期間を設定します。

 

そうするとアップロード画面が表示されますのでこれをクリックし、添付(相手先にお届けしたい)ファイルの選択をすれば自動でアップロードが完了され下画面をスクロールして頂ければ水色の枠内でURLが発行されていますのでこれを用いてメール送信すれば完了することになります。

 

細かいその他の操作方法や具体的な保存期間に関しては次のところで紹介していきたいと思います。

 

Firestorage 無料版の特徴

 

見える画面内で操作が完了する気になる無料版Firestorageの利用範囲についてですが、送信ファイルにおける許容容量は250MBまでとなっており、通常のデフォルトとして入っているメールサーバーにおける1通当たりの最大容量は25GBですのでその10倍に相当する大容量のメールとして送ることができるようになっているのが最大の見どころで保存期間も最長で1週間までと選べる保存期間も無料版ですので最長の1週間を選んでおけば問題ないかと思います。

 

また、無料版においてもパスワード管理として送信できる方法もあるため例えば、相手先に送信するパソコンが特定の人以外の複数の人間で利用されている共有のパソコンの場合ですとこのパスワード機能がかなり便利になってきます。後は、件名等のメッセージ入力もできるため相手先の受信ボックスに埋もれてしまうリスクも送るメッセージによって防ぐことができますので必要最低限以上の機能が使いこなせるようになっていますので無料版だけでも十分活用していけるようになっているのがFirestorageのいいところと言えます。

 

Firestorageにて実際のアップロードファイルの確認や管理こそはできないものの送信すると言う操作に関しては無料版だけでも十分と言い切ることができるFirestorageの利用を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ws619

 

 

Firestorage

http://firestorage.jp

 

 

商品一覧

商品詳細