スポンサードリンク

 

One Drive

Word等のパソコン上でしかできない作業事において他の人と共有したいと思った時に便利なものとして挙げることができるソフトウェアにOne Driveがあります。数あるファイルの共有ソフトの中でもOne Driveは共有作業のみを実行するためのソフトとして利用できることから操作性においても限りなくシンプルでMicrosoft社が提供元だからこそ実現できる共有作業も可能になってきますのでこの機会に詳しく紹介していきたいと思います。

 

One driveの特徴

 

One DriveとはMicrosoft社が提供する共有作業を可能にするソフトウェアであり、数ある共有ソフトの中でもMicrosoft社が提供元となっているためその他のツールであるExcelやPower Poointにおける共同作業も可能でこれら単体でも共同作業を可能にする作業系ツールですが意外と手間が多く、あまり使い慣れていない方からすれば準備作業も多くなるためOne Driveからの共同作業の方がおすすめと言えます。

そして、単なる動画やファイルの共有のみならず共有する段階でのアクセス制限もかけられることからより、秘匿性の高い情報も扱えるようになっているため企業側からも好かれる仕様になっているところも尚いいところです。

 

スポンサードリンク

 

One driveのメリット

 

そんな他の人とのファイルや動画の共有ができるOne Driveのメリットはシンプルな操作にあり、これはMicrosoft社が提供するWordやExcel作業ツール系の中では最もシンプルかと思われます。

そんな、シンプルさを簡単に説明すると共有したいファイルがOne Drive内にあることを前提に考えればファイルを選択し共有ボタンをクリックし、共有先を選ぶだけの3ステップで操作が完了することになります。

基本的にOne Drive内にあるファイルは共有作業さえ実行しなければ外に出ることはありませんので共有ファイルの候補としてもOne Drive内に入れておけるメリットもありますので始めこそは不安な方は共有先を自分がもつ複数のアドレスやソーシャルメディア先にまずは共有をしてみることをおすすめします。

 

One driveの利用時における注意点

 

共有作業を最短でわずか3ステップで操作を完結させることができるOne Drivenには操作性が容易だからこそ気をつけなければならないことがあります。特に初めての共有先となる相手先の場合は、その送信先のアドレス等がしっかし合っているかの確認作業が大事になってくることが言えます。万が一、相手先のみならず共有ファイルさえも間違えて送ってしまった際は後々大変なことが起こりうるからです。

誤操作を防ぐためにも秘匿性の高い情報ファイルやプライバシーの高いファイルはOne Driveへとどめておくという行為はリスクであるため共有したいときだけOne Drive内に移動させ、共有後は速やかに他の保存先へ移動させるという作業を推奨します。

 

以上でOne Drveのシンプルな操作性について紹介させていただきました。また、One Driveでは料金のグレードアップによってより共有に便利な作業を付加させることもできますので利用を考える上での参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

ws606

 

 

One drive

https://onedrive.live.com

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧