スポンサードリンク

 

ANAカード

フライト時におけるスキップ手続きや免税店における割引と学生カードでも同様にフライトならではの恩恵を受けることができるANAカード。そんなフライト専用のクレジットカードだと思われがちなANAカードを学生用として持つメリットについて今回は紹介していきたいと思います。

 

ANAカードの特徴

 

今回紹介する学生カードとして1枚は持っておきたいANAカードを利用することはあまり決済における頻度が社会人よりかは少なめの学生に対して優しく年会費や入会費も一切かからず、維持費に関しても卒業されてからでも年間1,000円弱と大変リーズナブルな1枚として所持することができるようになっています。

またブランドにおいては、国際ブランドとして知名度の高いVISA及びMasterCardのいずれかの選択が可能になっていますが国内における利用範囲で考えるならばVISAがおすすめです。かつて程ではありませんが中にはMasterCardによる決済に対応していないお店もあったりしますので選ぶ際に迷われている方はVISAを無難な選択肢として選ぶことをおすすめします。

 

スポンサードリンク

 

ANAカードを利用するメリット

 

ANAカードの学生カードに付帯するサービスとしてメリットになるのがワールドプレゼントと呼ばれる制度です。

この制度は三井住友カードのシステムが導入されており、クレジットカード本来の還元率で得する決済を生活費としても適用させることができるのが魅力で例えば、あなたが上京し1人暮らしの際にかかる光熱費や家賃といった生活費をこのクレジットカードで決済し還元元を広げることができるようになりますので、事前にクレジットカード払いの可能な電力会社かどうかの下調べも重要になってくるかと思います。

 

ANAカードを利用する際の注意点

 

そんな利用範囲の広いANAカードを利用する前に考えがちなマイルポイントへの移行時にとられてしまう手数料への心配性は皆無です。なぜならANAカードの場合ですと税込み分の利用料金がそのままポイントとして付与されるからです。つまり、この税金分で手数料の元がとれてしまうという考え方になります。

この税込みに関して言えば例えば本体価格990円の商品を購入した場合ですと税込み分で1,000円以上は超えることになりますので1,000分で1ポイント付加されるポイント制度で大きくポイントを貯めることにも一助し、かつ1,000円ギリギリでいかない本体価格商品を占める割合も市場においては多いためもはやメリットになりうる部分だと捉えることができます。

 

以上でフライト以外の面でも恩恵を受ける事ができるANAカードを学生が所持するメリットについて紹介させていただきました。また、この学生カードを持った22歳未満の方ですとフライト時において50%割引が適用される破格のフライトで旅行を楽しむこともできるようになっていますのでこの機会に参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

ws606

 

ANA

https://www.ana.co.jp

 

 

 

コメントを書く







コメント内容


商品一覧