スポンサードリンク

 

ジャイアンツ

読売巨人軍という名で親しまれ、たとえ野球好きでない方にとってもその名を聞いたことのある読売ジャイアンツ。ここではそんな強いと言われているジャイアンツが一体どんなチームなのかについて紹介していきたいと思います。

 

読売ジャイアンツの歴史

 

12球団の中でも歴史の長さが際立つ読売ジャイアンツ。そんなジャイアンツの優勝経験数はリーグ戦で45回日本シリーズにおいては22回とその圧倒的な強さから他球団のファンは対戦時において絶対に負けてほしくないという対抗心を燃やされてしまう程、誰もが意識する名球団という位置付けにあります。

その強さから後にメディアやバラエティーとしても活躍できる野球界におけるカリスマ的存在の輝きを放つ名選手として輩出されやすく、例えばミスターという名で親しまれる長嶋茂雄さんや現巨人軍の監督である高橋義伸さんといった有名な方も元を辿れば元巨人の選手であったという方が多かったりもします。

 

読売ジャイアンツ 観戦方法

 

そんな読売ジャイアンツといえばあの有名な東京ドームを本拠地とした球団としても有名で球場会場も都心に位置していることから電車からのアクセス数も豊富でありとあらゆる沿線の最寄り駅から徒歩10分圏内で足を運ぶことができるようになっています。

そして一見、都心さゆえに車でのアクセスでは不向きなのでは?と思われる方も多いかと思いますが意外とそんなことはなく、実はドーム周辺にパーキングエリアの設置数が多いのも東京ドームのいいところでそのパーキングエリアから東京ドームが視覚的に見える範囲において3つ以上の広大なパーキングエリアの立地を見かけることができますので野球以外のコンサート会場や展示会などでも利用されることの多い東京ドームならではのインフラ整備が行き届いている地域なんだと関心してしまう程お車を止めれる場所が多いのも事実です。

 

読売ジャイアンツ 2017シーズンの見どころ

 

最近までにおいて、生粋のはえぬき選手というよりかはマネーで各球団の名選手を獲得して強化するというファンからすれば応援のしごたえのない球団という位置付けにありましたが最近ではそのような傾向が観られず、応援したくなる球団へとシフトしてきているようにも思えます。

そんな2017年読売ジャイアンツの見どころは、伝統の一戦が例年よりもより熱い戦いと化すところです。野球界において歴史的に阪神との戦いは伝統の一戦と呼ばれ、2017年現時点における順位は首位をつける広島と1.0ゲーム差で2位につける阪神との差は5.5ゲームと対阪神戦での攻略によって首位争いに名乗りを挙げれるかどうかの現状にある巨人がリーグ優勝するにはこの伝統の一戦での勝敗が終盤で左右されることは一目瞭然です。

現在、交流戦ということもあり直接対決によって差を縮めることができない状況にある巨人は、ここで持ちこたえ残りの阪神戦でどれだけ勝ちを刻んでいけるかが求められる2017シーズンとなりそうです。

 

以上で読売ジャイアンツの歴史や観戦方法に関する紹介をさせていただきました。アクセスを選ばない東京ドームでの試合は今年は例年よりも熱くなることが期待されますので早め早めにチケット予約で楽しい野球観戦で満喫しましょう。

 

ws606

 

読売ジャイアンツ

http://www.giants.jp

 

 

商品一覧

商品詳細