スポンサードリンク

 

東京海上日動

CMや広告で一度や二度。あなたも東京海上日動と呼ばれる保険屋さんを聞いたことがあるかと思います。そんな東京海上日動には免許を持っていないながらにお車をお持ちでないペーパードライバーの方に紹介したいちょいのり保険と呼ばれる自動車保険がありますのでこの機会にこの保険を利用するメリットについて紹介していきたいと思います。

 

東京海上日動のちょいのり保険

 

ちょいのり保険と聞くと、何だか厳格みのない自動車保険のように捉えてしまいそうになりますがそんなことはありません。その理由に代理店型ならではの恩恵を受けることができるからです。

通常、ダイレクト型と呼ばれる保険会社の方が契約もスムーズでお値段もお安くなる傾向がありますが代理店型の方が万が一の事故対応や契約時における手厚いサービスを受けることが大きなメリットになります。

そもそも保険に入る上で大事なのはこの万が一のことが先決であり、代理店ならではの丁寧な案内や注意点、そして保障範囲について逐一聞く耳を持った方が得策なのです。

 

スポンサードリンク

 

東京海上日動 ちょいのり保険のメリット

 

そんなちょいのり保険は、いくらペーパードライバーと言えども年に数回は友達とのドライブや息抜きで乗る機会が出てくる状況がつきものです。そんな方におすすめできる理由はお値段にあります。

通常、お車の保険と聞くと月単位で5,000円以上はかかり、若い人なら尚更高くなる傾向があります。つまり、たまにしか乗らない方からすれば非常に高額のお値段となりうることでしょう。

そんな方におすすめしたいちょいのり保険の気になるお値段は、1日で車両保険ありの場合で1,500円。なしの場合で500とこれらのお値段で一緒にお車に乗られている大切な友人への万が一の障害保険として最大で1,000万円。お車自体の修理費も最大で300万円。さらにぶつけてしまった人や物に関していえばいずれも無制限と入るか入らないかとでは気持ちの余裕も大分違うものになりますのでおすすめというよりかは、絶対的に加入しておいた方がいいと言えるでしょう。

 

東京海上日動 ちょいのり保険利用時の注意点

 

そんな利用しなければ損すら思えるちょいのり保険には対象になるお車とそうではないお車がある点に注意が必要です。例えば、主な使い道が考えられるのはレンタカー屋さんです。

免許を持っているながらにお車をお持ちなでない方がよく利用することの多いレンタカー屋さんで借りるお車の場合ですと、ちょいのり保険のサービスを適用させることはできませんので同等の保険内容はレンタカー屋さんで似たような契約をする必要があるでしょう。

また、ダイレクト型ではない以上、保険の契約も前日、前々日と予め早い段階における契約をされた方が無難と言えるでしょう。

 

たまにしか利用しないからこそ、事故も起りやすく普段乗り馴れていないお車なのであれば尚更です。あなたも友人のお車や上司のお車に乗ることが想定される場合は安心できる代理店型の東京海上日動のちょいのり保険のご利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

東京海上日動

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp

 

 

 

商品一覧

商品詳細