スポンサードリンク

 

日経平均株価指数

 

大人になってから株に興味を持ち始め、意外なことに義務教育の過程ではほんの少しかじる程度の教育しか受けることができなかった金融部門への理解がないことは当然のことといえば当然のことです。ここではあまり教えられることのなかった日経平均株価についてと活用法についてわかりやすく解説していきたいと思います。

 

日経平均株価とは?

 

そもそも日経平均株価指数とは何なのでしょうか?実は単なる日本の代表的な景気や経済活性化を示す単一的な指標ではなく、東証一部における225社全体の株価の平均値を指し示しているのがこの日経平均株価ということになります。つまり、厳密に言えば日本全体の株価というよりかは東証一部における選ばれた銘柄の株価平均が日経平均株価ということになります。

 

しかし、ここで気になるのはどのような銘柄が実際に日経平均株価として選ばれているのかという点です。よく勘違いされやすのは業績の良い銘柄が採用されているという考えです。しかし、採用される銘柄は取引量の活発な銘柄225社。つまり、取引によって価格の価値が大きく揺れ動きやすいであろうと想定された流動性の高い銘柄が日経平均株価225社の中に選ばれるということです。

 

つまり、取引において大事になってくる値幅をとる上ではかかせない既に選ばれたものとして流動性の高い株価の集合体とも言える日経平均株価を取引に取り入れることは得策と言えます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

値が動きやすい時間とその理由

 

そんな株価の集合体でもある日経平均株価がよく動く時間帯は株式市場が活発に揺れ動く朝の9:00〜9:30と同じ時刻となっています。つまり、証券会社やヘッジファウンドといった投機筋はこの経済活動が始まる9:00頃に合わせて同時に株を保有し始めるためこの時間帯における流動性はより顕著なものとなります。

 

よく、お昼の報道や深夜の報道で日経平均株価を発表する理由はこの時間帯が1番値動きが落ち着いていて大まかな株価の数値を判断しやすいからです。つまり、金融商品を扱っている以上は値幅で資産構築していくにあたって重要な時間帯が朝の9:00頃ということになります。

 

経済情勢を追うのに当たって便利な金融サイト

 

そんな日経平均株価指数のチャートを閲覧できるサイトはいくつか挙げることができますが、私のおすすめはロイター通信と呼ばれるポータルサイトです。このサイトは単なるチャート表示とアナリストによる株式相場における今後の展開だけの評価がされたサイトとしてのみならず、より日経平均株価にインパクトを与える経済情勢も追って分析できるだけの情報が1つにまとまっているのがこのロイター通信だと判断できるからです。

 

日本はサウジアラビアのような原油が出る国でもないですし、オーストラリアのような金がたくさん採掘されるような鉱山もあるわけでもありません。自給自足でまかなえるような国ではない以上、積極的な外交が目立つ国家であることからも世界規模における取引高も同時にみる必要もあるためこのロイター通信は私にとっては欠かせないものと化しています。

 

以上で日経平均株価指数における解析と分析に適した金融サイトの紹介をさせていただきました。ありとあらゆる情報過多に戸惑いを感じてしまう方は特にロイター通信1つで金融関係における情勢を知る事ができるサイトはあなたの分析と心に一助することになるでしょう。

 

 

ws641

 

 

ロイター通信

http://jp.reuters.com

 

商品一覧

商品詳細