スポンサードリンク

 

d16dc3d25a31fe585d1e53e2c122c4f8_s

 

日本が誇る正確無比な地図のとして広く知られるゼンリンの地図。

特に魅力なのは、ビル名やマンション名はもちろん、居住者名まであらゆる情報を盛り込んでいる住宅地図です。

そんなゼンリンの住宅地図について書いていきます。

 

 

ゼンリンの住宅地図の購入

ゼンリンの住宅地図は有料で、使うには購入をする必要があります。

冊子タイプとデジタルタイプがあり、冊子タイプであれば大きさはB4とA4の2サイズ展開となっており、各区や町単位で出版されています。

そして、値段はサイズで異なることはなく、地域によって異なります。

例えば愛知県であれば、名古屋市熱田区であれば10000円、名古屋市港区であれば16000円です。

なお、デジタルタイプは電子住宅地図デジタウンと命名されており、値段は冊子タイプよりも高額です。

例えば、名古屋市熱田区のものであれば15000円と5000円も変わってきます。

これら両者の違いは、単にデジタルか冊子かということや値段だけでなく、扱う地域の数や区単位で購入できたりする点にあります。

例えば、冊子タイプですと、一部地域の地図の販売がありません。しかし、電子住宅地図デジタウンであれば扱いがあるケースが殆どです。また、名古屋市であれば、冊子タイプであれば各区ごとの販売となるものの、電子住宅地図デジタウンであれば名古屋市16区を購入できます。(値段は251000円)

このように、ゼンリンの住宅地図購入にあたっては、電子住宅デジタウンでの購入に大きなメリットがあります。

 

ゼンリンの住宅地図は全国のコンビニでコピーできる

全国のセブンイレブンやローソンで、ゼンリンの住宅地図を必要なエリアだけコピーできます。

上述の冊子や電子住宅地図タウンを購入するほどでなく、一部の住宅地図が必要な時だけ欲しいという時に便利です。

値段は一枚300円です。

なお、コンビニの端末(ロッピーなど)にてその場で操作をしてコピーすることもできますし、事前にインターネットで予約をし、予約番号を打ち込むといった手順でもコピーが可能です。最近はスマホやパソコンで予約番号を発行し、店頭では発行するだけで済む後者を利用される方が多いようですね。

 

 

ゼンリンの住宅地図は有料。無料で使うことはできない。

全国の調査スタッフが自らの足と目で調査をし、地道に作られているのがゼンリン住宅地図です。

そのためか、ゼンリンの住宅地図は無料で使うことはできません。万が一無料で使えてしまうようなサイトがあった場合、違法の可能性があるため、ご注意ください。

なお、住宅地図ほど詳細ではありませんが、いつもNAVIというサイトを使えば無料で全国の地図を見ることができます。

こちらもズームができてかなり詳細な地図となっているので便利です。移動の際などに非常に役立ちます。

 

まとめ

このように、ゼンリンの住宅地図は正確無比で膨大な情報量を含むとても頼りになる地図です。

一方で、それゆえのコストがネックです。

逐一購入は難しいので、必要なエリアのみをコピーで使うなり、いつもNAVIで対応できそうな分はそれで済ませるなどの工夫をしていくとコストを最低限に抑えることができます。

 

ゼンリンオンラインストア→http://store.zenrin.co.jp/

ゼンリンの住宅地図プリントサービスについて→http://www.zenrin.co.jp/j-print/service.html

商品一覧

商品詳細