スポンサードリンク

 

九州一帯で圧倒的なネットワークを誇る福岡銀行。

日本でも指折りの大手地方銀行として有名です。

そんな福岡銀行、いざ使うとなると、その使い勝手はどうなのでしょうか?

銀行で多く使う3つのサービス、ネットバンキング・ATM・支店の3つのサービスから検証してみたいと思います。

 

8f991c0a833c1278d9a4e07cd6d16405_s

 

福岡銀行のネットバンキング「ネットワン口座」

福岡銀行のネットバンキングサービス「ネットワン口座」は3つの強みと1つの弱みが挙げられます。

強み①:セキュリティの高さ

ログインの際、「ダイレクトバンキングご利用カード」を必要とします。口座開設時に設定した会員番号・暗証番号の入力後に、毎回異なる4桁の指定番号が表示されます。この4桁の番号に該当する取引確認番号を、「ダイレクトバンキングご利用カード」を見ながら入力することで、ログインができます。

WS000061

 

なお、振込等の手続き時にも同様の作業が求められます。毎回使い捨てのパスワードが発行される形になるので、第三者にログインされにくい、強いセキュリティが確立されています。

 

強み②:多様なサービスの申し込みができる

福岡銀行及び他行への振り込みはもちろん、本人名義の登録口座間での振替手続き、定期預金の預け入れに解約、投資信託の取引、各種ローンの契約状況確認、繰り上げ返済の申請、住宅ローンの金利変更など、実に多岐にわたります。

これらのような、窓口に行って受けていたサービスをいつでもどこでもできるようになるのは大きな強みですね!

 

強み➂:福岡銀行ATMの時間外手数料が一年間無料となる

ネットワン口座を開設すると、福岡銀行のポイントプログラム「マイバンク」の「三ツ星ステップ」が付与され、これにより福岡銀行のATM時間外手数料が一年間無料となります。朝早く出勤し、夜遅く帰宅される会社員の方には大変うれしいサービスですね^^ なお、コンビニATMは一年間、1か月間で3回まで手数料無料となります。


スポンサードリンク

 

弱み:金利が安い

普通預金の金利は0.001%。これはイオン銀行やSBJ銀行の0.02%と比べると大きく劣ります。

とくにイオン銀行はイオンカードセレクトというクレジットカード発行で0.12%にもなりますからね。

ネットワン口座は便利ですが、預金金利を重視される方にはおすすめできませんね。

 

九州一帯でとても使い勝手が良い、福岡銀行のATM

福岡銀行のATMは平日8:45~18:00まで引き出し手数料無料で、それ以外の時間帯・土日祝日は108円の時間外手数料がかかります。これは大手銀行の中では比較的安めです。

 

WS000062

 

ただ、嬉しいのがイオン銀行のキャッシュカードも同様の条件で利用できる点です。

他にも相互無料開放行として、JAバンク福岡・福岡ひびき信用金庫・広島銀行・西日本シティ銀行・筑邦銀行・佐賀銀行・肥後銀行・宮崎銀行なども同様に使うことができます。

ここはふくおかフィナンシャルグループならではのネットワークが活きていますね^^

 

WS000063

 

ただ、セブン銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・あおぞら銀行・商工中金などのキャッシュカードは使うことができません。

また、ゆうちょ銀行は使えはするものの、引き出し・預け入れは必ず手数料がかかってしまうので注意が必要です。

 

WS000064

 

福岡銀行の支店

福岡銀行の視点ですが、その名の通り福岡県内は152もの圧倒的な店舗数を誇ります。

 

WS000065

 

福岡県以外の九州の支店は佐賀県・熊本県・大分県・長崎県・宮崎県・鹿児島県と一通りの県に支店がありますが、

それらの県で合計して12支店しかありません。

九州外では山口県・広島県・東京都・愛知県・大阪府で計6つの支店のみ。

ふくおかフィナンシャルグループとして九州内の銀行と提携しているとはいえ、かなり内弁慶である点は否めないかもしれません。

よって、福岡県に定住される方には大変おすすめな銀行ですが、転勤が多い方にはあまりおすすめできない銀行ですね。

 

まとめ

このように、福岡銀行は福岡県内では絶対的に強いネットワークを誇り、ATMやネットバンキングの使い勝手の良さも併せ持つ優れた地方銀行です。

一方で内弁慶で県外ではその恩恵は受けにくいという事実も。

ご自身と福岡県の関係に合わせて利用を検討されるのが良いでしょう。

 

福岡銀行はこちら⇒https://www.fukuokabank.co.jp/

 

ws606

コメントを書く







コメント内容


商品一覧