スポンサードリンク

航空写真をGoogle Mapでフル活用しよう!

 

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s

 

航空写真とはその名の通り、飛行機で上空から撮影された写真です。

例えば遠方で行こうにも簡単には行けない土地の様子を見たい時などに最適ですね。

そんな航空写真を使って世界中の写真を簡単に見れるのがGoogle Mapなんです。今日はそんなGoogleが提供する航空写真サービスを一挙にご紹介したいと思います!

 

①Google Earth

まずはGoogleマップ。地図で目的地を調べるときにお使いの方も多いのでは?

 

 

WS000021

 

現在東海地方の地図を表示していますが、これを航空写真で見てみましょう。

画像左下のEarthという部分を押してみます。すると、

 

WS000022

 

一気に色合いがリアルな航空写真となりましたね。名古屋市東部は山地なのでしょうか、緑が目立ちます。

では名古屋をクリックして、周辺をズームして見てみましょう。

 

WS000023

 

名古屋城を上空から眺めることができました!地図とは違って写真なので、まるでヘリにでも乗っているような気分ですね^^(笑)

ビジネスでは目的地を写真でリアルに確認できますし、「そういえば故郷は今どうなってるんだろう?開発進んでるのかな?」といった時にもわざわざ足を運ぶことなくすぐに見れてしまいます!!

 

では次はヘリから降りるイメージで、街並みの写真を見てみましょうか♪

 

②ストリートビュー

あたかも歩いているように、調べた土地の街並みを閲覧できるのがストリートビューです。

名古屋城周辺の写真を見てみましょう。

 

WS000024

 

先ほどの状態から、名古屋城をクリックすると画面左にメニューが表示されます。

住所や電話番号、口コミなどが掲載されていて、非常に便利です。

この中に、以下のように写真のサムネイルがあるので、そこを押してみます。

 

WS000025

 

すると、

 

WS000026

 

名古屋場内の写真が写りました。画像内には映っていませんが矢印が表示されており、それを押すとその方向に進むことができます。

ちょっと進むと施設の様な所に行き着きました。

 

WS000027

 

あたかも散策しているような気分ですね(笑)

お手持ちのマウスやスマホでスクロールすると、角度を変えて見ることもできます。

 

WS000028

 

 

このように、上空から見た写真を今度は地上から閲覧できるのがストリートビューです。

現地に赴けないけれども外観を見たい時にいつでもどこでも見れるのが魅力的です。

ただ一方で、このストリートビューの写真は投稿者によって追加される形式をとっているため、投稿がない場所は残念ながら閲覧できません。

 

より詳しく見るなら国土地理院の閲覧サービスを使おう

Googleは簡単に無料で世界各地のの航空写真が閲覧できる魅力的なサービスです。

しかし、上述のとおり投稿形式でデータが積み上げられているので、限界があります。

そこで閲覧できなかった地域の写真を見るには、国土地理院の閲覧サービスを使うという手があります。

まず、国土地理院のHPを見てみましょう。

 

WS000029

 

このように、カラー・モノクロや年代別など詳細な条件のもとに検索することができます。

さすがは公的機関ですね。

ただし、それが故に測量や複製など、使用の用途によっては承認申請が必要なことが多いので、その点は注意が必要です。

 

まとめ

ここまで、航空写真を無料で簡単に使えるGoogleのサービスと、公的な機関である国土地理院についてお話してまいりました。

ただ地図で見るのとは違い、リアリティ溢れるリサーチが可能となる航空写真。

ビジネスでも地域学習でも、そして暇つぶしでも大活躍間違いなしのサービスです。

 

 

ws606

 

 

ぜひ一度お試しくださいね^^

 

〈リンク集〉

Google Map⇒https://www.google.co.jp/maps/

国土地理院⇒http://www.gsi.go.jp/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧