スポンサードリンク

 

70bcc426b949b10b5b0eeb1a0c469f26_s

 

テニスの錦織圭選手が出演し、「未来にタネをまこう」というキャッチフレーズで有名なJACCSカード。

このJACCSカードが持つ魅力と懸念点について触れ、皆さんのクレジットカード選びのヒントを提供してまいりたいと思います。

 

お得なポイントの使い道、Jデポ

皆さん、クレジットカードのポイントってどのようにお使いですか?

美容家電などの商品に交換したり、Tポイントや楽天Rポイントのような他社ポイントに交換したりといったところではないでしょうか?

JACCSならばこういった使い道に加えて、請求金額からポイント分の値引きができるJデポというサービスも展開しています。

1000ポイントから利用可能で、1000ポイント1000円分(Web会員サービスであるインターコムクラブ会員ならば1050円分)です。

また、Jデポモバイルという携帯電話料金から割り引くサービスも合わせて行っており、こちらは1000ポイント1050円分(インターコムクラブ会員ならば1100円)のレートで利用できます。

せっかくポイントが貯まっていても交換したいものが無いなんて方には、請求金額を割り引けるこちらのJデポ・Jデポモバイルがぜひおすすめです。

 

高還元率のカードでもっとお得にポイントゲット!!

上記でもお伝えした通り、JACCSカードにはお得なポイントの使い道があります。

それに加えて、このポイントをさらにお得にゲットできるカードをJACCSカードはリリースしています。

そんなポイント高還元の2つのカードをご紹介します。

①漢方スタイルクラブカード

個性的な名前のカードですが、こちらはポイント高還元で有名なカードです。

その還元率は、1.5%と業界最高水準。さらにそれにとどまらず、年間獲得ポイントに合わせてボーナスポイントが獲得できます。(2000~3499ポイント獲得で250ポイント、3500ポイント以上で350ポイント)

年会費は初年度無料ですが、次年度以降は1500円+税。

 

②レックスカード

こちらも還元率が1.5%と最高水準のポイント還元率を誇るカードです。

さらに価格.com安心支払いサービス(価格.comでの決済方法)を利用すると、還元率は1.75%にも上がります。

年会費は初年度無料で、次年度以降は2500円+税。但し、50万円以上の利用で無料となります。

 

このように、これらのカードは高いポイント還元率を持ちます。

これらを使って通常よりも多くポイントをため、Jデポでゴッソリと請求額を割り引いちゃいましょう。

 

JACCSカードの懸念点

ただ、ジャックスカードにもデメリットがあります。それは…

ポイントが2000円毎にしか貯まらない

普通なら、100円からでもポイントが貯まるものですが、ジャックスカードだとポイント高還元と引き換えに2000円ごとの加算となります。

コンビニ等でのちょっとした買い物ではつかないため、大きい買い物の際に利用するようにしましょう。

これはけっこう不便ですね…

 

まとめ

ここまでJACCSカードの魅力と懸念点についてみてまいりました。

Jデポなどのように、請求金額から割り引ける魅力的なポイントの使いみちや、高還元率を持つ魅力的なカードも揃えながら、2000円毎にしかポイントがつかないという懸念点も併せ持つカードです。

大きい買い物をする際にカードを使う方にぜひおすすめしたい一枚です。

 

ws606

 

JACCSカードはこちら→http://www.jaccs.co.jp/

商品一覧

商品詳細