スポンサードリンク

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s

 

自宅に訪問してきてはNHK受信料の催促をする集金人。

NHKは非常に身近な存在ながらも、根拠があいまいな請求は国民の間で大きな問題となっています。

そこでこのNHKの受信料は実際いくらなのか、そして催促に来た場合の対処法についてお話ししたいと思います。

 

NHKの受信料はいくら?

さて、このNHKの受信料ですが、①振り込み②自動引き落としの2つの支払い方法のどちらをとるかで異なります。

 

①振り込み

地上契約(一か月)…1,310円

地上契約(一年)…14,545円

衛星契約(一か月)…2,280円

衛星契約(一年)…25,320円

 

②自動引き落とし(口座振替・クレジットカード)

地上契約(一か月)…1,260円

地上契約(一年)…13,990円

衛星契約(一か月)…2,230円

衛星契約(一年)…24,770円

 

地上契約とは通常のチャンネルで放送が見れる契約、衛星契約とはいわゆるBS放送も見れる契約です。

自動引き落としでの支払いの方がそれぞれ毎月50円安くなっていますね。

そして、どちらも一年契約を結んだ場合はトータルで1,000円前後安くなる計算になります。

とはいえ、ほぼ見ないという方にとっては年間で一万円以上かかるというのは大きな負担と言えますよね…

 

受信料の支払い義務はあるのか?

穴だらけではっきりしない規定

これは放送法に拠ると、契約の義務こそあれど、受信料支払いの義務はNHKの規定によるという何とも複雑な仕組みになっています。

しかもNHKの規定というのも契約後に効力を発揮するものであり、契約を結んでいない人に対しては効力を持ちません。

さらに放送法は契約の義務こそ明記しているものの、契約をしなかった場合の罰則についても一切規定していません。

つまり、放送法違反となりつつも罰則はなく、事実上は支払い義務は生じていないというのが現状です。

 

キーとなるのはテレビの有無

とはいえ、じゃあ払わなくてよいというわけにもいかないのが最近です。

近年、NHKは受信料を払わない人を提訴するというケースも見られ、あげく敗訴している人も出ているようです。

そして、敗訴している人は「テレビが有る」ことをNHK側に伝えてしまっている人たちです。

逆を言えば、「テレビが無い」と伝えれば裁判にもならないということです。

 

NHK撃退シールを貼っておくと集金に来ない?

さて、このように悩ましい限りのNHKの受信料ですが、あるシールを玄関口に貼っておくと、受信料の集金人が来ないと評判です。

その気になるシールとは、NHKから国民を守る党が無料配布する「NHK撃退シール」です。

現・船橋議会議員 立花孝志さんが同党の代表を務めており、彼は元NHKの職員だった方です。

シールには彼の電話番号が記載されており、ここにかけると代わりにNHKと交渉をするという旨の記載もされています。

このことからか、これを貼ってからは集金人が一切来なくなったと話題になっています。

集金人の催促にお悩みの方はこちらを入手されると良いかもしれませんね。

 

まとめ

ここまでNHKの受信料の支払いについて触れてまいりました。

その料金は決して安くないながらも、請求する法的根拠が整っていないという、なんとも複雑な現状です。

お困りの方は、NHKから国民を守る党に頼ってみるというのも一つの手段といえるかもしれません。

 

NHK受信料窓口→http://pid.nhk.or.jp/jushinryo/

NHKから国民を守る党→http://nhkkara.jp/seal.html

 

商品一覧

商品詳細