スポンサードリンク

6b4ea6fc35303d6133b9d0afb6e4435d_s

 

 

九州全土を繋ぐとともに、関東から中国地方まで走る東海道・山陽新幹線の終着点として本州とも繫がる九州新幹線。

関東から九州と非常に幅広いエリアをカバーすることから、出張や帰省・旅行等の重要な交通手段となっていますね。

今日はそんな九州新幹線の料金について知り、お財布に優しく使う方法をご紹介したいと思います。

 

九州新幹線の料金は?

九州新幹線内の料金

九州新幹線内の料金は、指定席利用時で最大でも10,450円となります。(終点である博多~鹿児島中央間)

 

東海道・山陽新幹線エリアの料金

一方で、広島や新大阪、東京などの東海道・山陽新幹線エリアに行く場合、料金は指定席利用時で最大で30,170円にも及びます。(東京~鹿児島中央間)

 

このように、九州内の移動はともかく、関東まで向かう際にはかなりの金額がかかってしまいます。

出張で会社が支給してくれる場合はともかく、私用で使うとなるとこの額は結構な負担になってきますよね…

少しでも安くしたいものです。

 

九州新幹線は早割がお得!

そこでご提案したいのが、JR九州が発売する「のぞみ早得往復きっぷ」・「スーパー早得切符」です。

 

のぞみ早得往復きっぷとは?

これはのぞみを指定席で利用できる、往復タイプの切符です。

利用日21日前から7日前までの間、席数限定で発売しています。


スポンサードリンク

 

のぞみ早得往復きっぷの料金は?

例えば小倉・博多~東京・品川・新横浜は往復で34,970円となります。

通常、小倉・博多~東京間は指定席利用で往復43,620円であることを考えると、実に9,000円近くも安くなりますので、大変お得です。

 

ただ、のぞみ早得往復切符の場合、小倉・博多からの販売があるものの、鹿児島中央方面からの販売はありません…

鹿児島中央方面から行き来する場合は、以下の「スーパー早得きっぷ」がおすすめです。

 

スーパー早得きっぷとは?

これはインターネット限定のサービスで、出発日の14日前までにインターネット上で予約をすれば、鹿児島中央~新大阪までの区間の片道きっぷをお得に購入できるというものです。

 

スーパー早得きっぷの料金は?

例えば、新大阪・新神戸から鹿児島中央までが14,400円。新大阪・新神戸から小倉・博多までが10,290円となります。

上記の区間の片道料金はそれぞれ21,890円、14,480円であるため、こちらも最大7,500円近くお得に購入することができます。

 

このように、早割で大幅に安く切符を購入することができます。

予め日程がはっきりしている場合は、この早割の利用がマストです。

 

学生さんは学割でいつでもお得に!!

学生さんにとって九州と本州の往復交通費は相当痛いですよね…たくさんバイトしてやっと間に合わせられるというところではないでしょうか?

そんな学生さんたちのためにJRは学割の提供もしており、こちらもお得な価格で乗車できます。

例えば、鹿児島中央~東京間は指定席利用で27,190円(通常は28,820円)、熊本~東京間は24,120円(通常は25,460円)となります。

上述の早割に比べると割引率は大きく劣りますが、早割で購入できなかった際にぜひ使ってみてください。

なお、学生証のみでは使えません。学生課等で予め学割証の発行が必要になりますのでご注意ください。

 

まとめ

このように、九州のみならず、本州までも行けてしまう九州新幹線。そのアクセスの幅広さは魅力的ですが、一方で切符代がどうしても高くついてしまうのが特徴です。

早割や学割等を駆使して、とにかく割引価格で使うように心がけましょう。

 

 

 

ws641

 

 

 

JR九州はこちら

 

http://www.jrkyushu-kippu.jp/fare/ticket/

コメントを書く







コメント内容


商品一覧